Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

ボッタスにロシアの「恩返し」は考えていないとハミルトン

Me
2018年11月9日 « 予選後の狂騒は当て付けではなかったとリカルド | F1の問題点をドライバーたちが会合で議論へ »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

今週末のブラジルGPで自分たちがレースをリードすることになったとしても、ルイス・ハミルトンはチームメイトのバルテリ・ボッタスのために勝利をお膳立てするつもりはないという。

9月のロシアGPでメルセデスチームはハミルトンを先に行かせるようボッタスに指示し、ハミルトンが勝利を飾った。そうさせたのはハミルトンがタイトルを争い、3番手を走行していたセバスチャン・ベッテルとの間にある差を考慮しての判断だったが、ファンの間では物議を醸した。

しかし、ハミルトンの5度目のタイトルはすでに確定した。そのため、次に彼がコース上でチームメイトをリードした時は、勝利を譲って恩返しをするのではないかという臆測が流れている。しかし、サンパウロで彼はそのようなシナリオを否定した。

「チームはそんな判断をしないよ」と彼は述べた。「バルテリがそれを望むかどうかは確認していないけど、望まないと思うなあ。彼は自分で勝ちたいはずだ」

「彼に勝利をプレゼントするようなお膳立てをする考えはないし、それが必要だとも思わない――彼なら自分でできるよ」

「僕はただ週末を通してサポーティブな姿勢を心掛けるだけ。自分のセットアップはいつもオープンにしているから、それはこれからも続けていく」

ボッタス自身もチームオーダーで勝つことは望まないとはっきり認めた。

「うん。与えられた勝利なら僕はそんなものいらない」と彼は述べた。「自分の力で勝ちたいんだ」

だが、ブラジルではもうボッタスがチームメイトとポジションを争ったとしても、チームから身を引けという指示が出ることはない。こうしたレースは久しぶりだ。そのことにボッタスは目を輝かせた。

「それは間違いないね。レースに勝つ可能性があると分かって現地入りできるのはすごくいい気分だ。僕の今週末のゴールが何かは分かっているよね。それは自分次第だし、勝つためには僕のベストレベルのパフォーマンスを出し切る必要がある」

© ESPN Sports Media Ltd.