Mercedes

/ News

  • メルセデス

メルセデスがeスポーツチームをお披露目

Jim
2018年8月7日 « ハミルトン、フェラーリ撃破のためにベストを尽くす | フォース・インディアに救世主現る »
© Mercedes
拡大

2018年公式F1 eスポーツシリーズのスタートを前に、メルセデスが自チームを発足させた。

F1 eスポーツシリーズの初代王者であるブレンドン・リーを起用したメルセデスは他に、F1 eスポーツプロドラフトからハリー・ジャックス、パトリック・クルティ、ダニ・ベレズネイをメンバーに選出している。

F1公式ゲームの最新版を使ったF1 eスポーツシリーズは10月から11月にかけて実施され、フェラーリ以外の全F1チームが参戦する予定だ。

新しいメルセデスeスポーツチームはF1チームの拠点と同じくブラックリーのファクトリーを本拠とし、専用のeスポーツトレーニングセンターでスキルアップを目指す。eスポーツ用の新施設はルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスがドライブする本物のF1マシン開発に使用されるドライバーインループシミュレーターと同じ建物に設置されるとのことだ。

当初、F1は独自のeスポーツシリーズ立ち上げの動きが遅かったものの、リバティ・メディアがオーナーシップを有してからはオンラインゲームを若いファンベース構築のメソッドとして生かしている。今年は各F1チームがそれぞれのeスポーツチーム発足を要請され、プレーヤーはチームが直接リクルートしたケースもあれば、今年のプロドラフトに至ったオンラインコンペティションで選ばれたケースもある。

チャンピオンシップの次ステージでは9チームのプレーヤーが10月に開催される大会で対戦することになっている。

© ESPN Sports Media Ltd.