Mercedes

/ News

  • バルテリ・ボッタス

ボッタスの契約交渉はわずか2週間

Me
2018年7月21日 « 雨を歓迎するマクラーレン | 12番手に食い込んだシロトキン »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

バルテリ・ボッタスがメルセデスと新契約について交渉した期間はわずか2週間だったことを本人が明らかにした。チームは20日(金)に1年契約にオプションを加えた契約更新を発表している。

今週はチームメイトのルイス・ハミルトンも新契約にサインしているが、彼はモナコGPで基本契約に合意後、詳細を議論し、パッケージを仕上げるために2カ月近くかけてクリスチャン・トト・ウォルフと話し合ってきた。他方のボッタスが有意義な話し合いを始めたのは前戦のシルバーストーンでのことだったといい、彼はメルセデスが2020年のオプション権を持つ来季の契約にサインした。

「割と単純な流れだったよ。僕らは2017年も2018年もすでにチームと話していて、将来のプランを持っていたから」と彼は述べた。「今まで僕らがしてきたことに基づいて、真剣に契約について話したのはシルバーストーンが初めてだった。そんなに昔のことじゃない。それで、こうなった。かなり簡単でしょ」

新契約は驚きではなかったものの、将来が確定したことで彼は今週末のドイツGPを前に、レースに完全に集中できるようになったと述べている。

「少しばかりのプレッシャーが肩から下りた気がするよ。考えたくはないんだけど、レース合間はどうしても考えてしまうからね」と彼は述べた。「今は、僕たちチームにとっていい状況になったと思う。僕、ルイス、そしてチーム全体が今年の残されたタフなバトルにだけ集中できる。少なくとも来年はみんなこのまま一緒なんだって分かったんだからね」

「みんなで力を合わせ、全員の利益のためにチームとして仕事を頑張れるんだから、いいことだよ」

© ESPN Sports Media Ltd.