Mercedes

/ News

© Sutton Images
拡大

メルセデスが2019年に技術チームの再編を実施することになり、アルド・コスタがエンジニアリングディレクターの座から退くことが発表された。

2011年にフェラーリからメルセデスにやってきた57歳のイタリア人であるコスタはチームのテクニカルアドバイザーとなり、彼の役割はチーフデザイナーのジョン・オーウェンに引き継がれる。

一方、パフォーマンスディレクターのマーク・エリスは引退し、2019年半ばからサバティカルに入るとのことで、その後任にはチーフ車両ダイナミシストのロイック・セラが選ばれた。ジェームス・アリソンはテクニカルディレクターとしてとどまり、オーウェンとエリスは彼の直属となる。

「これはわがチームにとって重要な瞬間であり、素晴らしい機会となる」とメルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフは述べた。「これまで何度も述べているように、成功を収めた組織をそのまま凍結することはできない。組織というのはダイナミックな構造を持つものであり、チーム内で次の世代へとスムーズにバトンを受け渡せることを私は誇りに思う」

「どうしたらこの移行をベストな形で実行し、後継者たちに権限を与えられるかということについて、マークともアルドとも何カ月も前から話し合ってきた。彼らは全く異なるパーソナリティの持ち主でありながらも、互いにその違いをリスペクトし合ってきた。メルセデスと築いた彼らのレガシーは長く称賛され続けることだろう」

「2013年の序盤から、アルドと私はオックスフォードでも、ヨーロッパの他の拠点でも多くのディナーを共にしてきた。昨年のミッレ・ミリアではマシンに乗ってアメージングな日々も過ごしたものだ。彼は傑出した人物であるだけでなく、私にF1について多くのことを教え、成功には謙虚さが必要だということを教えてくれた」

「マークとは、初めて会った頃はこのような成功を共に達成できるなどとは想像もできなかった。彼は本当に文字通りのスパーリングパートナーだった――チームへの情熱を共有し、勝利への意欲に突き動かされた"悪友"との議論ができなくなるのは寂しいよ」

「マークとアルドは共にこれらの変化のタイミングと方法の選定に協力してくれた。ジェームスの指示の下、ジョン、ロイックと全ての技術陣が整然と動くチームの未来はとても輝かしい」

コスタは近年のメルセデスのF1における成功を形作った人物の1人であり、ロス・ブラウンがチームを率いていた2011年末にフェラーリからやってきた。すぐにブラックリーで技術部門の全面的な見直しに取り掛かり、彼が最初から最後まで監督してデザインした最初のマシンはレース勝利を達成した2013年のW04だった。そして、続く2014年から2017年にかけては4年連続タイトルを手にするマシンを作り上げている。

「メルセデスとのこの7年間はアメージングな経験だった――プロとして成功したばかりでなく、私と私の家族を豊かにし、よりオープンで国際的な考え方を与えてくれる人生経験となった」とコスタは述べた。

「2011年を振り返ると、チームになじみ、自分自身をこの新しいチャレンジにささげるのに要した期間はほんの数週間だった。これほど楽になじめたのは同僚たちの姿勢、彼らの暖かな歓迎ぶり、リスペクトとチーム全体に行き渡った協力的なアプローチのおかげだろう。これをよく体現しているのがトトだ。われわれはプロフェッショナルなチャレンジと同時に、レースへの個人的情熱を共有している。私が達成しようとしたものに対する彼の信頼とサポートにはずっと感謝していた」

「われわれはチームが進歩し、成功を達成するのを見守った。次なるチャレンジは、これからの10年に待ち受けるチャレンジに向かう、さらに強いグループを作ることだ。この1年間、私はトト、ジェームスと協力して次世代の者たちが可能な限りベストな形で仕事をできるようにと、長期的な継承プランを作ってきた。有能なジョンとジェームスの手にバトンを渡せて満足であり、引き続きテクニカルアドバイザーとして新組織の繁栄をサポートできることをうれしく思う」

テクニカルディレクターのジェームス・アリソンは、この再編は1年以上前から計画していたことだったと説明する。

「ドライバーたち、チームのファン全員、そして何よりもブラックリーとブリックスワースで働く幸運なわれわれは皆、マークとアルドに大変な恩義を背負っている。誰よりも、このチームの新参者たる私自身の感謝が何よりも大きい。2シーズンにわたり、彼らと共に働く楽しみとチャレンジを味わえたというだけではなく、彼らが作り上げ、率いてきたエンジニアリンググループの巨大なパワーを感じたというだけでもなく、こうして自ら筋道を立ててチームを離れるという彼らの比類なき姿勢や優しさに感じ入らずにはいられないためだ」

「アルドとマークは1年以上前に退く意向を示しながらも、社のために心と魂をささげ続けた。衰えぬ気力で日々ライバルに立ち向かいながら、2人ともこの継承計画と実行において私や周りを支えるためにさらに深く踏み込んでいる。マークとアルドはこれぞ最上級の技術的リーダーシップという素晴らしい手本を示し、十分な資格と準備を備えた後継者たちに無類の技術的レガシーを引き継いでいく」

© ESPN Sports Media Ltd.