Mercedes

/ News

© Simon Galloway/Sutton Images
拡大

突然のパンクでアゼルバイジャンGPの勝利を失った心の痛みを忘れるには、ビールを10パイント飲み干さなければならないとバルテリ・ボッタスがすっかり意気消沈している。

終盤のセーフティカーからのリスタートも完璧に決め、ボッタスはメルセデスの2018年初勝利に向けて順調に走行していた。ところが、ほどなくして彼の右リアタイヤがストレートに落ちていたデブリを踏み、タイヤがバースト。泣く泣くリタイアを強いられた。

勝利を引き継いだのはメルセデスのチームメイト、ルイス・ハミルトンだったが、ハミルトン自身もボッタスはポディウムの頂点に値したとレース後にコメントしている。

どうやってレースの苦痛を癒やすつもりかと聞かれ、ボッタスは薄い笑みを浮かべてこう答えた。「10パイント飲んだら忘れられるかな! まあ乗り越えるよ」

「困難を乗り越えるのもレースの一部だ。今はめちゃくちゃきついけどね」

「僕の愛するこのスポーツは時にタフだよ。でも、僕はネガティブな経験を力に変える方法を学んだ」

ボッタスからキャリア4勝目となるはずだった勝利を奪ったデブリは彼の位置から見えていなかったという。

「このコースは難しいよ。市街地サーキットはだいたいそうだ。クラッシュが起きるとどうしてもね。必ず問題になるし、今回僕はアンラッキーだった。どこでデブリを拾ったのか全く分からないんだ。何も見えなかったし、何も感じなかった。とにかくものすごくアンラッキーだったとしか言えない」

も、ここでボッタスが勝利を飾っていたら、彼はポイントリーダーとなってアゼルバイジャンをたつことができたはずだった。それは彼のキャリアで初めてのことだ。だが現実の彼は4位――キミ・ライコネンとは8ポイント差、そして新チャンピオンシップリーダーとなったハミルトンとは30ポイント差がついている。

© ESPN Sports Media Ltd.