Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

前評判は過信できないとハミルトン

Me
2018年3月21日 « 開幕から強力なリザルトを期待するリカルド | テストの結果ほど悪くないとペレス »
© Simon Galloway/Sutton Images
拡大

今週末のシーズン開幕戦オーストラリアGPでメルセデスが最有力優勝候補だとF1パドックの大半が確信しているが、ルイス・ハミルトンはそうではない。

過去4年で4つのタイトルを確保し、再びF1の倒すべきチームとなったメルセデスは、今月初めのプレシーズンテストでも印象的なペースを見せていた。これを見たライバル勢のレッドブルとフェラーリはオーストラリアで勝つ可能性が最も高いのはメルセデスだと名指ししている。しかし、ハミルトンはレース前の予想を深読みしすぎるのは危険だと警告する。

「1年のこの時期はみんな大げさに誰かを持ち上げようとする。ワールドチャンピオンである僕らはそれにぴったりのターゲットなんだ」と彼は燃料パートナーであるペトロナスが開いたメルボルンのイベントで述べた。「それは他の誰かにプレッシャーを全部押しつけようとするようなもの。そうすれば自分の荷は軽くなるからね」

「でも、プレッシャーっていうのは最終的には全員に分散される。レッドブルのクルマはすごく良さそうだし、(昨年より)いろいろ部品が追加されてて、すごいドライバーが2人いるんだから、今週末はもっともっと速くなるはずだ」

「そして、去年僕らと本格的に戦ったフェラーリがいる。そう簡単に勝たせてくれる相手じゃないのは確かさ。今年は彼らも調子がいいはずだ」

「今週末の僕の予想はみんなと同じぐらい有力だよ。僕はただ、自分ができるだけベストなポジションを得て、クルマや自分のツールを理解できるように努力しているだけ。コース上に出てしまえば、マシンを良くして自分の働く枠を改善するためのステップがすごく重要になるからね。どのステップも正しいものでなければダメなんだ」

ハミルトンはレッドブルがテストで手の内を全て見せていなかったと信じており、メルセデスが2つのメインライバルの後ろでスタートする可能性さえあると考えている。

「テストではみんな違うことをしていたと思う。一例としてレッドブルを見ると、彼らはベストなレースモードを一度も使っていなかった。フェラーリもそうだったかどうかは分からないけど、間違いなく何人かはそういう人たちがいた」

「僕が理解している範囲では、レッドブルとフェラーリはすごく近いと思う。可能性として僕らは彼らとイーブンか、少し後ろ、場合によってはレッドブルよりわずかに前にいるって感じだというのが僕の知る状況だ。でも、彼らは今週末に新たなアップグレードを持ってくるかもしれないから、タイトだよ」

© ESPN Sports Media Ltd.