Mercedes

/ News

  • ニコ・ロズベルグ

ロズベルグがハミルトンの倒し方を指南

M.S.
2018年3月20日 « メルセデス、フェラーリとレッドブルとの激闘に準備万端 | フェラーリの撤退脅威を真剣に受け取れとメルセデス »
© Gasperotti/Sutton
拡大

ルイス・ハミルトン(メルセデス)の倒し方を真の意味で知っている数少ない人物の一人であるニコ・ロズベルグが、2018年の王座獲りを狙う全てのドライバーに助言を発した。

ハミルトンの元チームメイトであるロズベルグは、2016年にハミルトンを抑えてチャンピオンになったわずか数日後に予想外の引退宣言でF1界を驚かせた。これまでに11シーズンを戦ったハミルトンは62勝と4度のドライバーズ選手権制覇を経験しており、僚友に敗れたのは前述のロズベルグと2011年のジェンソン・バトン(当時マクラーレン)に対してだけだ。

4年にわたってハミルトンと同じマシンを駆ったロズベルグは、めったにないハミルトン不調のときが、この強力なドライバーを倒す上で重要だと考えている。

『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』の解説者を任じられたロズベルグは「ルイスの弱点はわずかな一貫性のなさだ」と語った。

「彼にはそういうときがある。そこにつけ込んで十分に活用できれば、彼を少し長く抑えておける。最大限に活用しなきゃいけないんだ。それは間違いないし、セバスチャン(ベッテル/フェラーリ)は去年それをうまくやっていた」

「調子の良い週末を送っているルイスはほぼ無敵。信じられないくらい速くて、多分ベストのドライバーじゃないかな。ルイスを倒す唯一の方法は全てを100%にし、完ぺきなシーズンを送ること。そうでなければチャンスはない」

ロズベルグの後任として好不調の波のある2017年を過ごしたバルテリ・ボッタスは、このプレシーズンに対ハミルトンのプランについて何度も質問を受けている。ボッタスは昨年の前半戦で3勝を挙げたにもかかわらず、ハミルトンが調子を上げた後半戦で勢いを失い、タイトルから遠ざかってしまった。

ロズベルグの見解では、ボッタスには今季にハミルトンを打ち破ってタイトルを勝ち取る能力があるという。

「今年はバルテリがさらに(ハミルトンに)近づくといいね。去年は何度かすごい輝きを見せたのに、一貫性が足りなかっただけだから」

「彼ならやれるさ。彼はさらに良くなり、ごく近いところに迫ると思う。それこそ僕らが見たいもの。チームメイト同士の素晴らしいバトルが見られたらいいな」

© ESPN Sports Media Ltd.