Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

ハミルトンがインスタグラムの投稿を全削除

Jim
2017年12月31日 « 謙虚さを忘るべからずとウォルフ | "Bチーム"のアイデアにオープンなメルセデス »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

ソーシャルメディアに投稿した動画に非難が殺到して数日後、F1世界王者ルイス・ハミルトンが『Instagram(インスタグラム)』の投稿をすべて削除した。

ハミルトンはクリスマスにお姫様のドレスを着た甥っ子の姿を批判するような動画を投稿しており、甥っ子には好きな服を着る自由があると感じた世界中の人々から非難を浴びた。

後に動画を削除して謝罪したハミルトンだが、現在は過去の投稿も含めてすべてが閲覧できない状態になっている。また、ハミルトンは『Twitter(ツイッター)』でも、"PCブリゲード(左翼的社会改良思想の人々を総称する言葉とされている)"に謝罪する必要はないとコメントした人々のリプライに"いいね"をつけてさらなる批判を受けてしまった。

ハミルトンは後にツイッターとインスタグラムそれぞれに次のメッセージを掲載していた。

「昨日、甥っ子と遊んでいた時に使った僕の言葉が適切でないことに気づき、その投稿を削除した。傷つけるつもりはなかったし、誰を傷つけようとしたつもりもまったくない。誰しもがそうあるべきであるように、甥っ子にも自由に彼の感じることを感じてもらいたいと思っている」

「僕の言動に深く謝罪する。どこの出身であろうと、誰かと軽んじたり固定概念に当てはめたりするのは誰にとっても受け入れられるものではなかったことに気づいた。自分の願う通りに人生を全うしてる人のことは常にサポートしている。今回の判断ミスについてどうか許してもらえたらと願っている」

570万のフォロワーを誇るインスタグラムに投稿した動画で、ハミルトンは「今ものすごく悲しいんだけど。甥っ子を見てよ」と語りかけながらピンクとパープルのドレスに身を包んだ甥っ子の姿をカメラに収め、こう付け加えた。

「なんでお姫様のドレスなんて着ているのさ? クリスマスプレゼントにもらったの(笑)? なんでクリスマスプレゼントにお姫様のドレスなんてお願いしたのさ? 男の子はプリンセスドレスなんて着ないんだぞ!」

© ESPN Sports Media Ltd.