Mercedes

/ News

  • メルセデス

ラウダ、ベッテルの「攻撃的」スタートに眉をひそめる

Me
2017年10月30日 « ウォルフ、「今回のレースは何もかも嫌い」 | 4度目が「一番大変だった」とハミルトン »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

メキシコGPのオープニングラップで起きたセバスチャン・ベッテルとルイス・ハミルトンのインシデントについて、ハミルトンには一切非がないとニキ・ラウダが述べている。タイトルを争う2人は共にダメージを負い、修理のためにピットインを強いられた。

日曜日のレーススタートで一瞬のドラマが起きた。マックス・フェルスタッペンがターン1の外側からポールシッターのベッテルをとらえ、リードを奪う。一瞬ハミルトンが2番手に上がるが、ターン2出口でオーバーステアに苦しんだベッテルが彼の右リアタイヤを引っかけ、メルセデスをパンクさせてしまった。

最終的にベッテルとハミルトンはそれぞれ4位と9位まで巻き返し――その結果、ハミルトンの王座が決定した。ラウダはスタートのベッテルの動きを疑問視する。

「普通ではないことだ。ワールドチャンピオンというのはなる時になるものだ――非常にシンプルだよ」とラウダは『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』に述べた。「どうやってなったかなど誰も気にしない。私が理解できないのはベッテルが1コーナーで見せたアグレッシブな動きだ。彼はルイスに強くぶつかったが、それはルイスのせいではない。そこから全てのドラマが始まっている。最終的にはファンタスティックな結果になったけれどね」

夏休み以降のハミルトンは怒濤(どとう)の勢いをみせ――7戦で5勝を挙げている。ドライバーとしてハミルトンが2016年から2017年にかけて成長したことが彼の今季タイトル獲得の一番の理由だとラウダは言う。

「ルイスは、今年特に大きく成長した。4度のワールドチャンピオンになりたければ、常に良くなっていかなければならない。去年から今年にかけて、彼はとても良くなった。驚異的な前進だよ。マシンはドライブが難しく、昨年ほど速くなく、それほど簡単ではなかったはずだが、彼は自分自身のパフォーマンスによって達成したんだ」

© ESPN Sports Media Ltd.