Mercedes

/ News

  • バーレーンテスト - メルセデス - 最終日

レースペース改善に励んだボッタス

Jim
2017年4月20日 « 91周を走破したウェーレイン | 久々のドライブを楽しんだパフェット »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

メルセデスはバルテリ・ボッタスと共にバーレーンテスト最終日のプログラムに取り組み、トップタイムをマークして2日間の作業を締めくくった。

ボッタスは143周を走り込み、タイムシートトップとなる1分31秒280をマークしている。

バルテリ・ボッタス

「今日は本当に良かった。かなりたくさん走れたしね。今日は1日、ロングランのペースの焦点をあてていたんだ。(レースがあった)日曜日はフェラーリに比べるとちょっと問題があったようだったから。タイヤの寿命を長く持たせられるようにしたり、レースペースを改善したり、いくつかおもしろいテストができた。もちろん、今夜はさらにたくさんのことを分析していかなきゃいけない。それに今日の作業でいくつかトリックも学べた気がする。2連戦の後にこのバーレーンにとどまってテストに臨むのはタフだったけど、皆はテストの2日間も本当に素晴らしい仕事を果たしてくれた。次戦があるロシアに向かう前に、これから数日間は家に戻る」

© ESPN Sports Media Ltd.