Mercedes

/ News

  • メルセデス

ロズベルグの後任はボッタス!

M.S.
2017年1月17日 « マッサがウィリアムズに復帰 | ハミルトンとはうまくやれるとボッタス »
© Martini/Sutton
拡大

さまざまな憶測が飛び交ってから1カ月と少し、ついにメルセデスがルイス・ハミルトンの新チームメイトとしてバルテリ・ボッタスを獲得したと発表した。

王者に輝いたばかりのニコ・ロズベルグが昨年末に引退を発表した際、F1グリッドでも最も人気の高いメルセデスに空きシートが発生。すぐにロズベルグの後任候補として目されたボッタスだったが、既にウィリアムズと2017年の契約を交わしていたため、メルセデスはボッタスの契約解除に向けてウィリアムズと長い話し合いに入っていた。

27歳のボッタスを解放した後の穴を埋めるべく、ウィリアムズはロズベルグと同じく2016年限りでの引退を発表していた元ウィリアムズドライバー、フェリペ・マッサの説得にあたる。そして、2017年の初戦がおよそ2カ月後に迫った今、マッサの現役復帰に続いてボッタスのメルセデス加入が明らかになった次第だ。

メルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフは今回の発表に際し、こう話している。

「人生では時に、予想外の状況が興味深いチャンスを生み出すことがある。12月に下されたニコの決断は大きな驚きだった。確かに、チームにとっては扱いがたいチャレンジングな状況だった。しかし、嵐を乗り切ることで人はより強くなるもの。われわれはこれをチームが成長する新たなチャンスだと捉えている」

「バルテリは真面目な男だ。堅実で率直、そして集中力が高い。正直に言って実にフィンランド人らしく、われわれにはとても合っている。彼はジュニアカテゴリーで印象的な記録を打ち立て、F1では9回表彰台に上がった。だが、ここからは次のレベル。彼がいかにして勝利やタイトルに向けた挑戦で駆け上るかを見ていこう。新シーズンに向けた準備という意味で既に遅れを取っているのは承知しているので、彼をチームになじませるために忙しいプログラムが待っている。一つ確かなのは、私が知るようにバルテリは全力を尽くすということだ」

ボッタスは次のようにつけ加えた。

「僕にとって、すごくエキサイティングなときだ。これが現実だって理解するには、しばらくかかるだろうね。新たな夢がかなったことに間違いはない。これだけ素晴らしい歴史、特に近年で傑出していたチームでレースするんだ。その一員になれることがすごく誇らしいし、僕のスキルを信じてこの機会を与えてくれたメルセデスの全ての人々に感謝している」

「これまでにとても温かい歓迎を受けた。これから会う人がたくさんいるし、覚えなきゃいけない顔もたくさん。でも、まずは全てがすごくいい感じだ。施設にはかなり感銘を受けたし、全員をもっとよく知るのを楽しみにしている。メルセデスパワーを初めて経験したのは2009年のF3時代。もちろん、ウィリアムズにいた過去3年間でパワーユニットについてはよく知っている。でも、マシンについては学ぶべき新しいことがたくさんあって、ファクトリーやテスト、そしてレースでのチームの動き方も勉強しなきゃね」

ボッタスとウォルフとの間にはもともとつながりがあった。ボッタスと同郷のミカ・ハッキネンや、ボッタスのマネジャーであるディディエ・コトンらと共に、そのキャリアに投資してきた一人がウォルフだったのだ。ボッタスはウォルフがウィリアムズのマネジメント陣の一員だった2012年に同チームのテストドライバーに就任。その後、2013年にウィリアムズからデビューを果たした。

2014年の19戦で6回の表彰台フィニッシュを遂げたボッタスには2015年のフェラーリ加入がささやかれるも、最終的にはキミ・ライコネンがフェラーリに残留。ウィリアムズがコンストラクターズチャンピオンシップ5位に転落した昨年は1度しかポディウムに上れなかったとはいえ、ボッタスはチームメイトのマッサを上回るパフォーマンスを発揮し、予選順位の勝敗では17対4の成績を収めるとともに、僚友より32ポイント多く稼いでいる。

また、チームはロズベルグがメルセデスAMGペトロナス・モータースポーツのアンバサダーとしての役割を引き受けたこともあわせて発表した。

© ESPN Sports Media Ltd.