Mercedes

/ News

  • バルテリ・ボッタス

ボッタス、クリスマス前にメルセデスのファクトリー訪問か

Jim
2017年1月1日 « スージー・ウォルフがMBEを受勲 | ウェーレインがザウバーと契約との報道 »
© Gasperotti/Sutton
拡大

ウィリアムズのバルテリ・ボッタスがクリスマス前にメルセデスのファクトリーを訪れていたという。

ボッタスは昨季末で引退したニコ・ロズベルグに代わるレースドライバー候補と言われており、すでにウィリアムズはボッタスが抜けた場合に備えて、ロズベルグ同様に引退したはずのフェリペ・マッサを復帰させる契約にこぎつけている。

メルセデスは最短で3日(火)まで発表しないとしているが、『Motorsport.com』の報道によると、ボッタスは昨年12月25日の数日前にファクトリーを訪ねたとのこと。

また、報道ではボッタスがシート合わせに向けて2017年のコックピットを試すためにファクトリーに行ったのではないかと言われており、新年に活動をともにすることになるかもしれないエンジニアたちと技術面の準備も進めた可能性があると報じられている。

ルイス・ハミルトンの新たな相棒が誰になるかによっては他チームの布陣にも多少なりと影響するだろう。ザウバーはロズベルグの引退発表以降、メルセデスのジュニアドライバーであるパスカル・ウェーレインとの交渉が行き詰まっている。ウェーレインは2016年にF1デビューを果たしたばかりで経験が浅く、ロズベルグの後継者候補になるには不利だ。

他に空席があるのはマノーのみだが、同チームは冬季テストが近づくまでドライバーラインアップを明かしそうにない。

© ESPN Sports Media Ltd.