Mercedes

/ News

  • メルセデス

F1エンジン搭載のハイパーカーに大興奮のウォルフ

Me
2016年10月15日 « ロズベルグの成長点は「レース技量」 | 契約には「複雑な」事情が絡むとグティエレス »
© Mercedes
拡大

メルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフはAMGから届いたF1エンジンを搭載したハイパーカーの初期データを見てゾクゾクする興奮を覚えたという。

AMGは最近のパリ・モーターショーでプロジェクトの進行を明らかにしており、マシンはすでにメルセデスF1のV6パワーユニットを核に開発が行われている。マシンは全輪駆動となる予定で、モディファイされたF1エンジンから1,000bhp超のパワーが放出される。

しかし、ウォルフが強調したのは、そのパワーユニットが完全に現行のF1エンジンに基づいているという点だった。単にメルセデスF1のプロジェクトを参考にした通常のプロダクションエンジンではないという。

「ようやくF1エンジンが、本物のF1エンジンが本物のロードカーに搭載される――これはF1ライクなテクノロジーではない」と彼は述べた。

「本物のF1テクノロジーをロードカーに載せるというのは、技術的にとても困難な作業だよ。そのために必要なクーリングを考えてみるといい。だが、データを見て私は心が震えたよ。本当にすごい」

このハイパーカーはAMGの創業50周年記念に合わせて来年公開されることになっている。

© ESPN Sports Media Ltd.