Mercedes

/ News

  • メルセデス

ハミルトン、「アロンソに強いマシンを」

M.S.
2016年8月30日 « スパでポテンシャルが見えたとフェラーリ | タイヤを限界までプッシュできないメルセデス »
© Martini/Sutton
拡大

メルセデスのルイス・ハミルトンはフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がもう一度タイトル争いをする機会なしにF1を去るのであれば"本当に残念"だと語った。

アロンソは2017年までマクラーレンと契約を結んでおり、F1での長期的な将来は来年に導入される新レギュレーションでF1がどう変わるかによると話していた。しかし、ハミルトンはアロンソがF1を続けていくことにモチベーションを感じられなくなれば、早い段階での引退もあり得るのではないかと懸念している。

「(可能性としては)そうだね」とハミルトンはスペイン紙『AS(アス)』にコメントした。

「彼は35歳で、もう十分なお金を稼いでいる。優勝も経験も十分で、彼はこれ以上F1が大事な何かであることを必要としていない」

ハミルトンとアロンソがマクラーレンでチームメイト同士だった2007年には、タイトル争い上で苦々しい場面もあったものの、アロンソは先日『ESPN』にまたハミルトンと組んでみたいと話している。ハミルトンは再び力の匹敵するマシンで戦えるまでアロンソに留まってほしいと考えている。

「彼がもし来年やめてしまうとしたら、もう一度戦えない。そうなったら残念だ。本当に残念。このスポーツにとって良くないし、間違ったメッセージを送ることだろう。アロンソが続けないのなら、F1はこれまでとは違ってしまう」

「僕は今も彼が最高のドライバーの一人だと思っているし、いつもそう言ってきた。マクラーレンが彼にもう一度勝てるマシンを作り、彼と戦い続けられることを心から願っている」

© ESPN Sports Media Ltd.