Mercedes

/ News

  • メルセデス

僚友へのブーイングをいさめるハミルトン

M.S.
2016年7月11日 « 不運ランキングでは1位のフェラーリ | ピレリ、オースティンのドライタイヤを発表 »
© Andre/Sutton
拡大

イギリスGPの表彰台に上ったメルセデスのルイス・ハミルトンは、チームメイトのニコ・ロズベルグに対してブーイングをしないよう自身のファンに求めた。

ハミルトンが3年連続でシルバーストーンの一戦を制する一方、ロズベルグはレース終盤の無線メッセージがルールに抵触したとして10秒のタイムペナルティを科され、2位から3位に後退している。2人が表彰台に登場した際、ロズベルグに対して大きなブーイングが起こった。これは最終ラップでロズベルグと接触したハミルトンにブーイングが浴びせられたオーストリアと逆の状況だ。

表彰台上からブーイングを収めようとしたハミルトンは、後にライバルへやじを浴びせたくなる衝動は乗り越えるべきだと語った。

「最初に頼まれたんだ。僕はそれを落ち着けようとした。だって、素晴らしい日だったって感じているから。僕らはそれ以上だったはずなんだ。そんなに多くのブーイングを聞いたわけじゃない。でも、理解しなきゃいけないのは、彼らはものすごく情熱的なファンで、前のレースでは何かが正しくなかったってこと」

「ドイツに行けば、同じことがあるかもね。スポーツ全体で普通のことじゃないと思うから、そうじゃないことを願うけど。サッカーの試合に行ったときに他のチームが勝ったとして、僕は相手のチームにブーイングなんてしない。彼らの方がうまくやったってことだし、それが本当のスポーツマンシップでしょ」

自身のホームレースでロズベルグと正反対の反応を受けたハミルトンは、フィニッシュラインを横切る前から観衆の興奮を感じ取っていたと述べる一方、ロズベルグの母国で開催されるドイツGPでは僚友も同じ感覚を抱くだろうと話している。

© ESPN Sports Media Ltd.