Mercedes

/ News

© Andre/Sutton
拡大

メルセデスのニコ・ロズベルグはチームがオーストリアGPでのロズベルグとルイス・ハミルトンの同士打ちに適切な対応を取る必要があると考えるなら、チームオーダーも受け入れると語った。

ファイナルラップのターン2でハミルトンがアウトサイドからロズベルグをパスしようとしたときに2人は接触している。ロズベルグはコーナーに深く突っ込むことでポジションを守ったものの、ハミルトンが内側にターンインしてきたことで接触が発生した。

メルセデスが同士打ちを演じるのは今季2度目のことで、メルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフは3度目を避けるためにチームオーダーを検討すると明かしている。

「トトとパディ(ロウ)はものすごく有能な人たちだし、彼らの手に委ねられている。彼らがそうすべきだと感じるのなら、僕は受け入れるよ。それだけのこと。僕がどうこうすることじゃない」とロズベルグは述べた。

日曜日のクラッシュを受けてもハミルトンと共に働いていけると感じているか問われ、ロズベルグはこう回答している。

「そんな大きなことは考えていない。ただ今日のことを思っているだけ。落胆している、ただそれだけなんだ。振り返ったり、先のことを考えたりとか、なんでそんなこと? 僕はレースを落とし、彼は勝った。そして、僕はクラッシュにやられた。僕はアンラッキーで、彼はラッキーだった」

ロズベルグはハミルトンがレース後に"話し合う必要を感じていなかった"と語った。ハミルトンはドライバー同士の自由なバトルを続けられることを願っている。

© ESPN Sports Media Ltd.