Mercedes

/ News

  • メルセデス

同士打ちはロズベルグの契約交渉に影響せず

M.S.
2016年7月4日 « 介入のないレース続行を望むハミルトン | ブエミがディ・グラッシを抑えてフォーミュラE王者に »
© Rubio/Sutton
拡大

オーストリアGPで発生した同士打ちはニコ・ロズベルグとの契約の話し合いに影響しないとメルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフが語った。

ロズベルグとルイス・ハミルトンはファイナルラップで接触し、ロズベルグが4位に後退したのとは対照的にハミルトンは勝利をつかんだ。ウォルフが公にどちらかを責めることはなかったが、アクシデントについて自分なりの見解はあると明かし、イギリスGP前にチームオーダーレースチームの中心部でチームオーダー発令の可能性について話し合うと述べていた。

FIAのスチュワードによってインシデントの責任があると判断されたロズベルグは、今季末以降もチームに残るためのメルセデスとの交渉のさなかにある。

しかし、この話し合いにどういった影響があるのか聞かれた際、ウォルフは「いや、まったくない。契約は長期的な決定であり、レースインシデントに影響されない」と答えた。

ロズベルグも契約に影響があると思っていなかったと話している。

「そういう意味で考えてないな。もう手に入れかけていた勝利を失ったことに、とにかくガッカリしているだけ。ここで勝てたらうれしかっただろうし、ファイナルラップでこんな風に失うなんて、信じられないくらいキツイ」

レース後にハミルトンと話したかとの問いに対し、ロズベルグは「もっと前に話したかったね。でも、彼はその必要を感じていなかったみたい。僕は何で方向を変えてきたのか聞きたかったけどね」とつけ加えている。

© ESPN Sports Media Ltd.