Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

風向きの突然の変化に驚くハミルトン

Jim
2016年6月14日 « アロンソ、「タイヤ交換を求めただけ」 | ホーナー、フェルスタッペンに対するウォルフの見解に反論 »
© Goria/Sutton
拡大

カナダGPを終えて、ドライバーズ選手権首位に立つニコ・ロズベルグに対して9ポイント差に追い上げているルイス・ハミルトンは急激に点差が縮まったことに驚きを隠せないという。

2戦前のスペインGPではチャンピオンシップリーダーのロズベルグとハミルトンの間には43ポイントのギャップがあったが、ハミルトンがモナコとカナダで2連勝した一方でロズベルグが7位と9位に終わった結果、両者の点差は一気に詰まった。序盤4戦で勝利を重ねて100点を挙げたロズベルグは過去3レースの得点が16ポイントにとどまっている。

事態の急激な変化に驚いたかと聞かれたハミルトンは「もちろん。こんなのまったく予想していなかった。お金を賭けていたとしたら、絶対にこっちには賭けていない。モナコの一回で終わるかなと思っていたんだ。思わぬ幸運ってやつ。でも、そうじゃなかった。本当に強力なレースだったし、今日もすごかった」とコメント。

「1-2でスタートしたのに1位と5位でフィニッシュ。ファクトリーの皆が1-2を達成するためにどれだけ必死にがんばってくれているかを知っているだけに、全然良い気分ではない。1-2フィニッシュの可能性があったわけだからね。2人揃ってガレージの前でお祝いできたはずなのに。でも、その反面、(ドライバーズ選手権の)ポイントに関してはポジティブだ」

「でも、ニコ(ロズベルグ)はプッシュし続けてくるだろうし、僕だってプッシュし続ける。一緒に並んでいられる限り。でも、このまま行くだろうね。あの強さは弱まりそうにない。僕たちはまだまだ強くなっているところだと思っている。まだ、いろいろと拾えることもあるし、スタートとかがそうだね。そういうのがまとまり始めたら、自分たちが求める場所に戻れるんじゃないかな」

ただし、ハミルトンは過去2戦の突然の逆転を深読みしない。

「正直、確かにいろいろと取り組んではいるけど、僕が意識しているのはまだ道のりが長いってこと。自分のスピードとか、マシンでやれることとか、今年はその点の疑問が一切ない。ただ、もちろん、次にどうなるかは誰にも分からない。ひとつの問題が起きて連鎖することだってある」

「モナコで風向きが変わるなんて予想していなかったし、モナコであれだけのレースをして、ここでポールを取るなんて思っていなかった。金曜日はわりと強力だったし、土曜日もまずまず。今日はとにかくマシンがものすごかった。必要な時は必ずスピードが出せたし、そういうのはマシンに乗っていて最高の気分だ」

© ESPN Sports Media Ltd.