Mercedes

/ News

  • メルセデス

メルセデス、シンガポールの悪夢再来を警戒

M.S.
2015年10月6日 « 白熱のバトルを期待するウィリアムズ | まだ成果を語るときではないとフェラーリ »
© Sutton Images
拡大

メルセデスはソチ・オートドロームでタイヤを機能させるのに失敗した場合、またパフォーマンスが落ち込むのではないかと警戒している。

今年、ほとんどすべてのサーキットで圧倒的な力を誇ってきたメルセデスだったが、先月にシンガポール市街地サーキットで行われたシンガポールGPでは弱さを露呈し、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグはタイヤをうまく機能させるのに苦戦していた。

今週末のロシアGPで使用されるコンパウンドはシンガポールと同じくスーパーソフトとソフトで、メルセデス非常勤会長のニキ・ラウダは滑らかな路面が再び同じ問題を引き起こすことを懸念している。

「この間の日本GPではすべてがうまくいった。ありがたいことにわれわれはシンガポールのトラウマから抜け出すことができ、調子を戻している」とラウダは前戦を振り返る。

「しかし、私の懸念はソチだ。シンガポールのようなタイプのアスファルトで、簡単ではない。懸命に取り組んでコンペティティブさを保つ必要があり、そこから良くなってくるだろう」

メルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフは、ハミルトンとロズベルグが1-2フィニッシュを遂げた鈴鹿レベルのパフォーマンスを当然のものと考えることはできないと述べた。

「日本はチームにとって重要な週末だった。シンガポールを終えたわれわれは強い形で巻き返す必要があり、その目標がコックピットやガレージといったすべての面で達成された。こういった成功に満足する傍ら、われわれは自分たちの失敗を見失ってはいない。今季に乗り越えるべき障壁はまだ多く、全力でそれに取り組み続けなければならない」

「われわれは昨年のポジティブな記憶を胸にロシアへ戻る。メルセデス・ベンツ初のコンストラクターズタイトルを1-2フィニッシュで決めたのがここだ。同じパフォーマンスをソチで再現できればファンタスティックだし、間違いなくそれがターゲット。ただし、われわれはそれが簡単だという幻想を抱いていはいない。仕事はまだ終わっていないのだ」

© ESPN Sports Media Ltd.