Mercedes

/ News

  • メルセデス

ベッテルは「別世界にいるよう」とロズベルグ

Jim
2015年9月20日 « ライコネン、意外な結果に「驚き」 | スランプに困惑するメルセデス »
© Sutton Images
拡大

メルセデスのニコ・ロズベルグはシンガポールGP予選でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のポールポジションラップを目にしながらも、現実として信じられなかったようだ。

メルセデスを駆るルイス・ハミルトンとロズベルグが5番手と6番手に沈む中、フェラーリとベッテルが他を寄せ付けぬポールタイムをたたき出した今回の予選。ロズベルグは自らのラップが堅実なアタックだったと感じたようだが、5kmに渡るマリーナ・ベイのサーキットでフェラーリが見いだすグリップ力を信じられないと語っている。

たったの1戦でこれほどのパフォーマンス低下を経験したことはあるかと問われたロズベルグは「こんなに大きいのはない。だって僕たちはずっと優位だったし、どこを走っても圧倒的に速かったのに、次のレースに来てみたらラップあたり1.4秒も失うなんてあり得ないよ」と答えた。

「セバスチャンのオンボードを見たところなんだ。見たくはなかったんだけどね。でも、エンジニアリングルームで思わず叫んじゃった。"なんだこれ!?"って。いくつかのコーナーでは彼が別世界にいるみたいだった」

「皆がびっくりしている。今はまだ理解していない。緊急事態に直面していることは分かっているから、いろんなことを試した。今朝もたくさんやったけど、進歩を遂げられず、とにかくグリップが足りない。ラップタイムを見ていないうちは、ポールなんじゃないかと思ったりしたけど、ラップタイムを見るとポールじゃない」

とはいえ、ロズベルグにとってはランキング首位に立つハミルトンとの53点差を縮めることが一番の目標だ。

「明日の一番のゴールはルイスに打ち勝つこと。彼(のグリッド)はすぐ隣だから、チャンスはある」

「チームのためにポイントを獲得しなきゃいけないから、ちょっと厄介なんだけどね。もちろん、ポイント的には(ランキング3位の)ベッテルもそう遠くない位置にいるから脅威だ。彼らがこれほど速いのはこのシンガポールが特別だと思っている。これ以降のレースでは僕たちが速いはずだ。明日はチャレンジングになるだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.