Mercedes

/ News

  • メルセデス

ハミルトンのメンタルは強いとウォルフ

M.S.
2015年5月25日 « ベッテル、"グリッドボーイ"に憤慨 | フェアプレイに満足のホーナー »
© Sutton Images
拡大

メルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフはルイス・ハミルトンがモナコGP決勝の結果をくよくよと考えたりはしないと信じている。

66周目までレースをリードしていたハミルトンは、セーフティカーが導入された際に首位を取り戻せると信じつつピットインした。しかし、メルセデスは"計算を誤り"、コースに戻ったハミルトンは3位に後退しており、その前にはニコ・ロズベルグとセバスチャン・ベッテルが立ちふさがっていた。実質的に最大のライバル2人にポジションを明け渡した形だ。

この結果、ロズベルグはハミルトンまで10ポイントに迫ったが、ウォルフはそれによってハミルトンが当惑することはないと考えている。

「彼はとても強いメンタルの持ち主で、勢いに乗っている。彼が勝つべきレースだったので、これを落としたのは非常に腹ただしいだろうが、彼がいつもそうしてきたのと同じくらい迅速に立ち直ることに疑いを抱いていない」

チームがどうやってハミルトンに埋め合わせをするか聞かれたウォルフはこう応じた。

「私は彼がテレビの囲み取材を受けているところに会いに行った。われわれは再び共に勝ち、共に負ける。今回はチームの問題だったし、私は謝罪した。おそらく、それができる唯一のことだ。彼は素晴らしいリーダーであり、最高のドライバー。私は時にわれわれが過ちを犯すことを理解してくれると確信しているし、今回はそういった状況だ」

ウォルフはモナコGPの展開に満足している者はいないと強調し、それにはダイムラー会長のディーター・ツェッチェも含まれていると明かした。

「ツェッチェ博士はこの状況にとても不満を抱いていた。われわれにはルイスというチャンピオンシップリーダーがいて、今日はコース上でニコが2番手を走っていた。そして、いかなる理由であれチームにはえこひいきのようなものは存在しない」

© ESPN Sports Media Ltd.