Mercedes

/ News

  • メルセデス

ロズベルグ、ブレーキトラブルで失った2位

Me
2015年4月20日 « ブレーキ・バイ・ワイヤ問題を説明するメルセデス | リカルドの3基目エンジンは第二の人生へ »
© Sutton Images
拡大

終盤のブレーキトラブルさえ起きなければ2位を守れたとニコ・ロズベルグが強く主張している。

レースはキミ・ライコネンがソフトタイヤで最終スティントにロズベルグを追い上げる展開で、手に汗握る2位争いが予想された。しかし、残り2周となったところでロズベルグがターン1でオーバーランし、ライコネンが前に出た。ロズベルグはブレーキ・バイ・ワイヤのトラブルを起こしており、その後同じ問題がチームメイトのルイス・ハミルトンにも発生している。

それがなかったとしても、ペース的にはライコネンがロズベルグをパスしていたようにも思えるが、ロズベルグは彼を防ぎ切れたという。

「後2周だったのに、2位を失うなんてガッカリだ。でも、何のペダルに突然、何の抵抗もなくなってしまったんだ。あのトラブルがなければ確実にキミを防げた。あの時点で彼のタイヤはもうボロボロだったからね」

ロズベルグにとっては素晴らしいレースだっただけに落胆も大きかったのだろう。ターン1でいったん4番手に後退しながら、彼は攻撃的にライコネンとセバスチャン・ベッテルを抜き返した。

「それ以外は楽しいレースで、序盤に赤い2台を抜けたことはすごくエキサイティングだったから満足している。今日のクルマはすごく良かったし、クルーにもスタート後にすごくいいって伝えたんだ。だから、どんどん攻めた。僕は4番手だったからルイスを追うためにどうしても赤いマシンを抜かなきゃならなかったんだ。ベストを尽くしたけど、ペースは変わらなかったにもかかわらずできなかった」

© ESPN Sports Media Ltd.