Mercedes

/ News

  • メルセデス

メルセデスがウィリアムズを後押し?

M.S.
2015年4月14日 « フェラーリの不調はアロンソが原因にあらず | アロンソ、気前良く新パーツをバトンに譲る? »
メルセデスパワーを搭載するウィリアムズ © Sutton Images
拡大

メルセデスはカスタマーチームの間でパワーバランスを操作しているとスペインで報じられた。

『El Pais(エル・パイス)』紙はウィリアムズ、ロータス、フォース・インディアがそれぞれ1シーズンあたり2,500万ユーロ(約31億7,000万円)をV6パワーユニットの費用としてメルセデスに支払っていると述べた。

しかし、同紙によればすべてがイコールではないという。

以前にはフェリペ・マッサが自分の所属するウィリアムズが使用するエンジンは、ワークスチームの最新の開発が完全に適用されていないのではないかとの疑いをほのめかし、ウィリアムズとメルセデスが否定していたにもかかわらずだ。

エル・パイスは「フェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスのウィリアムズマシンは通常、(ワークスチームより)1歩遅れており、さらにロータスとフォース・インディアにとっては(状況が)異なる」と主張する。

同紙の見方では、中国ではウィリアムズが突然パワー面で前進しており、おそらくそれはワークスチームが自分たちとそれを追うフェラーリの間にバッファーを置くことを試みての措置だという。

なぜカスタマーたちがメルセデスの操作について不満を言わないのか、エル・パイスは不思議がっている。

ある情報元は「契約の条項が理由だ」と説明した。

© ESPN Sports Media Ltd.