Mercedes

/ News

© Sutton Images
拡大

メルセデス非常勤会長のニキ・ラウダはチームのドライバーたちがレースで利己的になることは想定内であり、中国GP決勝でルイス・ハミルトンは何一つ間違いを犯していないと述べた。

ハミルトンとそのチームメイトであるニコ・ロズベルグの関係は、ハミルトンがロズベルグのレースを阻害し、チームの1-2ビクトリーを失うリスクを生じさせたとロズベルグが主張した中国GPでさらに緊張度を増した。第2スティントでロズベルグは前を行くハミルトンが不必要なまでにスローダウンして自分を後退させたと感じており、その目的はロズベルグの後ろを走っていたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)にピットストップでロズベルグをかわすチャンスを与えるためだったと考えている。

ラップタイムはどちらかといえばロズベルグのセオリーに沿っているが、ハミルトンは前を行くチームメイトのペースに問題があるのならオーバーテイクを試みるべきだと応じた。これまでドライバー間の議論を仲裁する傾向にあったラウダは、ハミルトンが僚友を倒すためにあらゆる手法を取ることに問題はないと語っている。

「当然、誰もが自己中心的にドライブするもの。彼らが何をするためにここにいると思う? 私なら、彼らを自己本位なろくでなしだと呼ぼう。それが勝つための唯一の方法であり、タイトルを取るためのたった一つの手段。みな同じことをしている」

「良くないことがあれば、ニコはルイスと同じだし、ルイスはニコと同じ。そういうものだと私は完全に同意するし、故にわれわれはレースするのだ」

ラウダはロズベルグがハミルトンを倒すためのすべを探そうとしたものの、最終的に達成できなかったように感じたという。

「ニコはずっとハードにトライしていたし、それがラップタイムに表れていると思う。彼の背後にはベッテルがいて、一時期それが懸念だったので、彼は懸命な努力でルイスに追いついて彼を倒そうとした。しかし、最終的にうまくいかなかった」

「今週末はルイスが上だった。この週末は彼の方が優れており、昨年にルイスはチャンピオンシップ優勝をしている。ニコが勝ったレースもあったから、フェアでなければならない」

一方、ラウダは来週末にバーレーンGPを控えたチームにとって、今回のやりあいがより大きな問題に発展することはないと見ている。

「ノー。いつも同じこと。彼らはお互いに戦うが、それは普通だ。友情などない。レースでは戦わなければならないし、憤れば自分の見解を述べたりする。しかし、結局のところ彼らはクールダウンしてバーレーンへ向かい、もう一度最初から同じバトルを始めるだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.