Mercedes

/ News

不満を言えるほど近づいていなかったと主張するハミルトン © Sutton Images
拡大

中国GPを制したルイス・ハミルトンはチームメイトで2位フィニッシュしたニコ・ロズベルグのレースを傷つけるつもりはなかったと主張した。

ハミルトンは上海のレースで楽にロズベルグを抑えて優勝しており、フェラーリが本格的なバトルを挑もうとしてきたのは第2スティントだけだったと言えるだろう。ハミルトンに次いでチェッカーを受けたロズベルグは自身を後退させてセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に押し付けるため、ハミルトンがペースを緩めて走っていたとの見解を明かし、そのことでメルセデスの1-2フィニッシュが危うくなったと強調している。

レース後に開かれたトップ3による記者会見で顔を揃えた両者の間に火花が飛び散った。

「ルイス、君に直接聞けるから興味津々なんだけど、先頭にいて、ペースについては自分のことだけしか考えていなかったでしょ、それが僕のレースを危うくしたんだ。遅めに走るというのはスティントの序盤ならもしかすると必要かもしれないけど、でもそのせいで僕はセバスチャンにかなり接近されたし、セバスチャンに早めのピットストップを決められてジャンプアップされるチャンスを与えることになった。だから僕はそれをカバーしなきゃいけなくなったんだ。つまり結果としてセバスチャンに不必要に近づいたってこと。しかもレースタイムにもかなり響いた。僕のスティントははるかに長くなっちゃって、終盤は彼をカバーしなきゃいけなかったからね。それ以上に言うことはない」

一方でハミルトンはロズベルグに対し、ペースが抑えられていると感じたのであれば追い抜こうとすべきだったと反撃。

「ニコのレースをケアするのは僕の仕事じゃない。マシンを管理してできるだけ速くマシンをゴールさせることが僕の仕事。だからそれをしたまでさ。スローにさせるために意図的に何かやったなんてことはない。僕はただ自分のことに集中していただけ。ニコが先に行きたかったんならトライすればよかったんだ。でも彼はそうしなかった」

記者会見後、ハミルトンはさらに「自分が彼のレースをどれだけ残ったのか、よく分からない。彼は4.4秒とか4.5秒くらい後ろにいたでしょ。だから一度も近かったことはないし、彼のレースに影響を与えるなんてできない。もし彼が近づきたくて、僕の真後ろに来ていれば、何か言えるのかもしれないけど、そうじゃなかったから、僕は自分の仕事をしていただけ。(メルセデスが)彼を早めにピットに入れたければ簡単にできただろう。僕のタイヤは走り続けられるだけの寿命が残っていた」とコメントした。

「1-2だったんだからチームには何の問題もないはずだ。正直、戻ってからのチームミーティングがどんな感じになるか楽しみにしているくらい」

「僕たち2人とも激しいコンペティターだけど、今日もそうだし今週末は公平に勝利を狙ったと思う。できるだけ速く走って完走できるように、僕たち2人ともが精いっぱいを尽くせたと思っているから、僕たちのどちらも間違っているとは思っていない」

© ESPN Sports Media Ltd.