Mercedes

/ News

  • メルセデス

愚痴るライバルに「もっとがんばれ」とウォルフ

Jim
2015年3月15日 « FIAにメルセデスのパワー規制を求めるホーナー | 問題含みの"ショー"に懸念の声 »
© Sutton Images
拡大

メルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフはシルバーアローとそれ以外のマシンの差を縮めるためにFIAが介入すべきだと主張したレッドブルの提案を一蹴した。

2015年シーズン開幕戦オーストラリアGPはルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのメルセデス勢が他車に30秒以上の大差をつけて1-2を飾っており、今年も同チームの支配が続く可能性が高くなっている。

今回のメルセデスの優勝に加えて、レッドブルにトラブルが相次いだため、レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーがある種のパフォーマンス同等化を求めることにつながったが、ウォルフはライバルたちに対して、本気で取り組み、ハードワークを通して問題を解決するようアドバイスする。

「F1に来ればお互いに打ち負かそうとするし、最高レベルのパフォーマンスを披露しようとする。それなのに、初戦を終えたところで同等化が必要、とは。初戦後にそれを求めて叫ぶのは、われわれが過去にやってきた方法ではないだろう。私に言わせれば、とりあえず集中して必死に(訳注:発言は"Fワード")がんばり、問題解決に努めよ、だ。ちなみにFワードは彼(ホーナー)に向けて言ったわけではない」

また、今年のシーズンが政治によって決定づけられることになる可能性はあるかと聞かれたウォルフは「いつだって政治的なシーズンだろう。昨年だってそうだし、今年もそう。エルサレムの嘆きの壁さ。その前に立って不満を言うことはできる。彼らはそこに行くべきなのかもしれないね」と返答。

さらに、フェラーリが冬の間に成し遂げた進歩がギャップの打開が可能となる証拠だとも主張するウォルフは次のように続けた。

「フェラーリに対して30秒ほど稼いでレースに勝ったとはいえ、昨年から今年にかけて彼らが成し遂げた躍進を考えれば、とても印象的だと思う。GPSデータから見ると、エンジンは本当にパワフルだし、マシンはとても優れている」

「自分たちで定めた目標はすべて達成できたので本当に満足しており、パワーユニットは常にベンチマークとなっていた。さらに、空力的にも、コース上やデータで確認するとすべてのタイプのコーナーで優秀なマシンになっているようだ」

「しかしながら(他チームが追いついてくるのも)時間の問題だと思っている。フェラーリを見ればそうだろう。彼らはあらゆるリソースを持ち、適任の人材も素晴らしいドライバーもいる。彼らがギャップを縮められるその時が来るのは時間の問題だろう」

「30秒は大きな隔たりではない。他のすべてのマシンを周回遅れにしたわけではないのだ。同時に、ウィリアムズも今日はとても良かった。それに、レースはバルテリ(ボッタス)がいなかったからね。20戦あるシーズンの初戦にすぎない。マレーシアでどうなるか見てみよう」

© ESPN Sports Media Ltd.