Mercedes

/ News

  • メルセデス

ツェッチェ会長、ロズベルグのあきらめない姿勢に感動

Jim
2014年12月24日 « マルキオンネの発言に失望するモンテゼモーロ | イリエンとの提携を歓迎するアビテブール »
ダイムラーのツェッチェ会長 © Sutton Images
拡大
関連リンク

2014年シーズン最終戦のアブダビGPで見せたニコ・ロズベルグの姿勢が完ぺきにメルセデスのスピリットを要約している。

そう語ったのはダイムラーのディーター・ツェッチェ会長だ。ドイツ『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』が報じたところによると、従業員に宛てて送ったクリスマスカードに記されていたという。

今年のメルセデスは圧倒的な強さと速さを誇り、2014年の世界選手権を支配した。

ドライバーズタイトルを手に入れたのはルイス・ハミルトンだったが、ツェッチェ会長はヤス・マリーナ・サーキットでマシンが苦しい状態ながらも必死に戦ったロズベルグの姿勢に感銘を受けたようだ。

マシンが故障していたことからピットに戻ってリタイアするよう要請を受けたにもかかわらず、ロズベルグはチェッカーフラッグまで走り切りたいと切望した。

その場面を思い出しつつ、ツェッチェ会長は次のようにつづっている。

「あれはチェッカーフラッグだけを意味しているのではない。原則を示している。あきらめるな、と。この姿勢は過去数年に渡って一歩一歩進むことでこれらの偉業を成し遂げた同僚たちも同じだ」

© ESPN Sports Media Ltd.