Mercedes

/ News

  • メルセデス

ロズベルグの声明

Me
2014年8月29日 « スパのペース、昨年を上回る | 「ミスはお互いさま」とハミルトン »
© Getty Images
拡大

ベルギーGPでの接触についてニコ・ロズベルグが声明を出し、ルイス・ハミルトン、所属するメルセデスチーム、そしてF1ファンに謝罪した。

レース2周目に起きた二人の接触で、ハミルトンは左リアタイヤをパンクさせ、レースをリタイアした。メルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフととパディ・ロウが29日(金)にドライバーたちを呼んでインシデントについてのミーティングを開き、そこでロズベルグは自分の責任を認めた。

ミーティングの結果を知らせるチーム声明とは別に、ロズベルグも自身の言葉でファンへメッセージを送った。

「スパのベルギーGPが終わってからの数日間、僕はレース中に起きたことについて長い時間をかけて考え、チームと話し合ってきた」と彼はつづっている。「インシデントに対する後悔の念はすでに表明した。でも今日、トト、パディとルイスとのミーティングを終え、もう一歩先に進もうと思う。あれは僕の判断の誤りだった」

「僕たちチームメイト間のナンバーワンルールは、決して接触してはならないというものだ。だけど、それが実際に起こってしまった。その判断の誤りについて、僕はルイスとチームに謝罪する。それから、ベルギーで僕らのリード争いを見られなかったファンのみんなにも謝りたい」

「ルイスと僕は、お互いにレースをするときの方法についてはっきりとした指示を受けた。僕たちドライバーには、チーム、スポーツのファン、僕らのパートナーとメルセデス・ベンツに対し、クリーンなレースをする明白な責任がある。その責任を深刻に受け止めたい」

「これからシーズンの最後まで、コースの上でも外でも、アブダビのファイナルラップまでハードでフェアな戦いを続けることを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.