Mercedes

/ News

  • メルセデス

ロズベルグが謝罪、処分を受ける

Me
2014年8月29日 « 若すぎるデビューにハッキネンが苦言 | スパのペース、昨年を上回る »
© Getty Images
拡大

ベルギーGPでルイス・ハミルトンと接触した責任を認め、ニコ・ロズベルグが懲戒処分を受けた。これはメルセデスのチーム本部で開かれたミーティングで決まったもの。

問題について話し合うため、チーム幹部のクリスチャン・トト・ウォルフとパディ・ロウがドライバー2人とブラックリーのチーム本部にある会議室に顔をそろえた。チームの声明によると、ロズベルグは"接触に対する責任を認め、(中略)判断の誤りについて謝罪した"とある。さらに、"適切な懲戒処分が下された"と付け加えられているが、その詳細は明らかになっていない。

一方でメルセデスはドライバーたちに引き続き自由にレースをさせると明言している。次に接触が起きた場合には厳しい態度で臨むという確認もされたという。

「メルセデス・ベンツは引き続き、ハードでフェアなレースにコミットする。これこそがワールドチャンピオンシップに勝つ正しい方法であるためだ。それがチームのためであり、ファン、そしてF1のためだ」

「ルイスとニコはチームのナンバーワンルールを理解し、受け入れた。すなわち、チームのマシン同士がコース上で接触してはならないということだ」

「あのようなインシデントが再び起きることは許されないという説明がなされた。しかし、ニコとルイスはわれわれのドライバーであり、彼らを信頼している」

「彼らは引き続き2014年のFIA F1世界選手権を自由に戦う」

© ESPN Sports Media Ltd.