Mercedes

/ News

  • メルセデス

ハミルトン、希少な愛車で憂さ晴らし

Me
2014年8月29日 « 常にスタードライバーを求めるとデニス | アロンソのスタイルに似ているとフェルスタッペン »

ベルギーGPのストレスをルイス・ハミルトンが彼らしい方法で解消している。

28日(木)、ハミルトンはモナコのサーキットにもなっている有名なトンネルをパガーニ・ゾンダ760LHで疾走する自身の動画を『Instagram(インスタグラム)』に投稿した。居住地でもあるモナコのトンネルでハミルトンは加速して見せ、トンネル内部にV12メルセデスAMGサウンドをとどろかせた。

ハミルトンのパガーニ・ゾンダはイタリアのスーパーカーメーカーが最後に生産した世界にわずか4台の760シリーズ。さらに、ほかとは区別するために彼のイニシャル"LH"がつけられている。塗装はハミルトン自らの指定で、パープルとブラックで仕上げられている。

ゾンダ760LHにはAMGがチューニングした750bhpのエンジンが搭載されており、レース用のゾンダRよりパワーは上。ゾンダのハイパフォーマンス車には珍しく、ハミルトンのものは特製のマニュアルギアボックスが搭載されている。これは彼がオーナーのオラチオ・パガーニにこう語ったからだとされる。「僕の会社の車はパドルシフトギアボックスなんだ。だから運転を楽しむときはマニュアルがいい」

© ESPN Sports Media Ltd.