Mercedes

/ News

  • メルセデス

ブーイングを気にしないロズベルグ

Jim
2014年8月25日 « ラウダ、ロズベルグにおかんむり | エクレストン、F1理事会に復帰 »
© Getty Images
拡大

チームメイトであるルイス・ハミルトンと接触したベルギーGPで、表彰台に上った際にブーイングを受けたニコ・ロズベルグ(メルセデス)は感情が高ぶった「イギリス人ファン」のブーイングだったと考えているようで、気にしないと主張した。

スタートでハミルトンに先行されたロズベルグはポジションを奪い返そうと、レ・コームのアウト側からもう一台のメルセデスに攻撃を仕掛けるも、ハミルトンがレーシングラインを取る中で一歩も引かず。結果、両者は接触してしまい、ロズベルグのフロントウイングとハミルトンの左リアタイヤがダメージを負った。ハミルトンは大きくポジションを落としているが、ロズベルグは最終的に2位表彰台に上っている。

レース後の表彰式に登場したロズベルグに対してブーイングが上がったものの、ロズベルグはそれがハミルトンファンから発せられたものだと考えているようだ。

「イギリスのファンたちだと思うから、理解している。僕にとってはうれしくないけど。僕に言えるのはそういう意見を持つ前に、ちゃんと覚悟してほしいってことくらい。例えば、レギュレーションを読んだり、ドライバー間の行動規範を理解したりね」

「まあでも、今日は少数派だったと思う。ここに来ていたイギリスのファン(は多くなかった)。他の皆は最高のレースが見られて興奮していた。もちろん、僕たちにとってはチームとして最悪の1日だったけどね」

レース後、メルセデス首脳陣のクリスチャン・トト・ウォルフとニキ・ラウダは囲み取材の中でロズベルグの責任であることをほのめかしていたが、ロズベルグはクラッシュに関して情報が少なすぎるとしてコメントを避けた。

「分からない。今は何の意見もない。まず、(ウォルフとラウダが)何て言っていたのか知らないからコメントしたくない。細かいところまで話すには見てからじゃないと」

「僕の方が速かったし、オーバーテイクしたかったから攻めた。インサイドが閉じられていたから、アウト側に回って、そこから抜こうとしたんだ。接触しちゃったことは残念。僕がトライしたのは間違いないし、横に並んでいたのも間違いない」

© ESPN Sports Media Ltd.