Mercedes

/ News

  • メルセデス

ハミルトン、後方からの巻き返しは勝利よりも特別

M.S.
2014年7月30日 « トンネルの先に光が見えるとライコネン | "マジックペイント"でフェラーリの馬力向上 »
© Sutton Images
拡大

ここ2戦で後方からフィールドを駆け上がったのは、その背景にあったハードワークを思えば勝利よりも特別だとルイス・ハミルトン(メルセデス)が語った。

ドイツGPとハンガリーGPの予選で問題が生じたために、ハミルトンはそれぞれのレースから何かを得るために厳しい戦いを強いられながらも、猛攻の末に3位につけている。起こった問題にはフラストレーションを抱えているハミルトンだが、見事な巻き返しを決めた自身のドライブについてはある程度の満足を得ているという。

「ここ2戦で僕に起こったような問題に直面したとき、君がどんな苦痛を感じるか、僕に説明することはできない。飲み込むのはものすごくきつかったし、次の日になってあまりアタックしすぎないように、ミスしないようにバランスを取るのはかなり難しかった」

「でも、最終的に僕らは取り組み、懸命に努力した。だから、たぶんリードからそのまま勝利するよりもいい感触。前に出て勝利を懸けて戦うのは本当に励みになるよ」

「当然、後方にいるときにはポールポジションやトップ5にいるときよりも、限界を越えて激しくプッシュしなければならない。だからこそ、僕が何とか巻き返したという事実はとにかくマシンがいかに素晴らしいか、チームがどれだけ卓越しているかを示している」

最近のパフォーマンスに満足しているというハミルトンだが、こういった問題がチャンピオンシップに逆風を吹かせる可能性があることは分かっている。

「だけど、結局は信頼性に不安があるんだ。彼よりも僕の方が多いね。笑い事じゃすまないってやつさ。そのせいでチャンピオンシップがすごく難しくなっているけれど、今大事なのはこれからのレースでマシンがどんなパフォーマンスを見せるかだ」

© ESPN Sports Media Ltd.