Mercedes

/ News

  • メルセデス

ハミルトンがギアボックス交換

Jim
2014年7月20日 « ロータスがマルドナド残留を公表 | ハミルトンは20番グリッドに »
© Sutton Images
拡大

ドイツGPで優勝の可能性もあったことを踏まえ、メルセデスのルイス・ハミルトンは決勝レースではチャンピオンシップのダメージを最小限に抑えられることを願っていると語った。

ハミルトンは予選Q1のセッション中にザックスヘアピンのエントリーで右フロントのブレーキディスクが割れてクラッシュ、その場で予選を終えたが、相棒でチャンピオンシップのライバルであるニコ・ロズベルグはポールポジションを手に入れている。

メルセデスはハミルトンのブレーキマテリアルを交換する予定だと明かしており、パルクフェルメ状態での作業はピットレーンスタートを意味するものの、変更の理由が安全性に関わるものであることに考慮して特例が認められる可能性もある。ただ、ハミルトンはさらにギアボックスも交換することになったため、グリッドからのスタートが認められたとしても20番より上位のグリッドには着けない。

ハミルトンは予選を16番手で終えたが、エステバン・グティエレス(ザウバー)が降格処分を受けるため、何もなければ15番グリッドからスタートする予定だった。しかし、メルセデスは『Twitter(ツイッター)』の公式アカウントを通じて「昨日発生した事故のダメージにより、レースに向けてハミルトンのギアボックスを交換する。よって5グリッド(降格)ペナルティを受ける」と明かしている。

ポールスタートのロズベルグがリードを築いていく可能性が高い中、ハミルトンはレースで全力を尽くすことに集中しなければならないと意気込む。

「シグナルが消えたら、僕はいつも完走することを最初に考える。それが常に僕の目標だから。でも、ニコ(ロズベルグ)が(トップに)いるから、自分が1位になれた可能性があると考えると、がむしゃらにやるしかない。前回のレースや僕らのペースを考えてみて。ポールポジションにはニコがいて、彼の前には誰もいないんだ。間違いなく3周目か4周目には数秒のリードを築いているはず。僕は最後方からのスタートで、30秒か40秒のビハインドになるだろう」

「そのことについては考えていない。今回もダメージを最小限に抑えなきゃいけないってことを考えている。まあよくあることだけどね。たとえ1ポイントしか獲得できなかったとしても、その1点がシーズンの最後に大きな違いになるかもしれない」

メルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフはドライバー陣の直接対決が見たかったと語りつつも、チームは後方に沈むハミルトンの冷静さを保てると自信を見せた。

「ルイスは絶好調のこともあればドン底もある。このパターンをすぐにでも打開し、彼が調子よく走れるようになることを願っている。ニコも一番のライバルとしてルイスにいてほしいと思っているし、コース上で公正に決着をつけたがっている」

© ESPN Sports Media Ltd.