Mercedes

/ News

  • メルセデス

ミスは許されないとメルセデス

M.S.
2014年6月30日 « "違法テスト"の疑惑が晴れる | デニス、バトンに「調子を上げよ」 »
オーストリアGP予選でメルセデスを抑えたウィリアムズ勢 © Sutton Images
拡大

今季のフィールドの先頭に残りたければこれ以上のミスは許されないと、メルセデスのトップであるクリスチャン・トト・ウォルフが語った。

今年のメルセデスはライバルたちにはっきりとした差をつけており、これまで8戦中7勝を飾っている。しかしながら、カナダGPでは両マシンに信頼性のトラブルが発生し、前戦オーストリアGP予選ではルイス・ハミルトンがミスを犯した上に、ウィリアムズの2台がグリッドでメルセデス勢を上回った。

そんな中、メルセデスが見せるペースをよそに、自己満足に陥る余裕はないとウォルフは話している。

「われわれは目標を達成するというならば、ミスは許されない。ミスに罰を与えようと常に誰かが待ち構えているのだから」

次戦はチームが拠点を構えるイギリスを舞台とするシルバーストーン。ウォルフは両ドライバーが接戦を繰り広げると予想する。

「われわれの両ドライバーはこのサーキットで特別に強く、またしても2人のタイトなバトルになると予測している。同時に、われわれのライバルの多くにとってここはホームレースであり、アドバンテージを得ようとモチベーションを高めてくることだろう。ここで特に成功を収めたチームがいくつかあるので、何も保証されてはいない。とてつもなく素晴らしいシルバーストーンの観衆のためにショーを披露したいと期待しており、モチベーションを最も高くできるかはわれわれ次第だ」

© ESPN Sports Media Ltd.