Mercedes

/ News

  • メルセデス

ハミルトン、「僕はポールラップを走っていた」

Jim
2014年5月25日 « ラウダ、エクレストンの後任を否定 | エリクソンにペナルティ »
© Getty Images
拡大

メルセデスのルイス・ハミルトンはモナコGP予選Q3の終盤にニコ・ロズベルグがミスを犯さなければポールポジションは自らの手に収まっていたはずだと主張しつつも、チームメイトによる意図的なミスだったと思うかとの質問にはコメントを拒んだ。

予選を終えたハミルトンの表情は満足とは程遠く、チームメイトのポール獲得につながった一件を"皮肉なこと"だったと同調している。

ハミルトンはファイナルアタックの第1セクターを自己ベストで通過していたが、イエローフラッグが振られていたため得意の中盤セクターでペースを落とさざるを得なかった。このラップを走り切っていればチームメイトを上回るのに十分だったはずだと頑なハミルトンは予選後に行われた記者会見で「うん、皮肉だよね。でも別にいい。コンマ数秒僕の方が速かったけど、別に大丈夫」とコメントしている。

その後、メディアの囲み取材に応じた際もハミルトンはロズベルグが意図的にマシンを止めたと訴えることはしなかったが、明らかに不満そうだった。

ロズベルグの動きが計算されたものだったかと思うかと聞かれたハミルトンは「知らないよ」と返している。

再度、インシデントが"皮肉"的だったと言われたハミルトンは「僕も同じように感じているさ。過去にこんな立場になったことがあるとは言えない。これまでこんなこと一度もなかった」と答えた。

それでも、これ以上深く語ることは拒み、ロズベルグのインシデントに関してさらなる質問を受けると「僕は話さないよ。僕は何も話さない。僕はポール(になる)ラップを走っていた。でも、実際は何も関係なく、もっと早くにポールラップを走っておくべきだったんだと思っている」とコメントした。

© ESPN Sports Media Ltd.