Mercedes

/ News

  • メルセデス

レース中にカート時代を思い出したハミルトン

M.S.
2014年4月7日 « 得点2倍はアンフェアかもとエクレストン | トッド、予算削減案の決裂に落胆 »
ロズベルグの巻き返しはならず © Sutton Images
拡大

ルイス・ハミルトン(メルセデス)はバーレーンGPのセーフティカーピリオドでピットストップ間のハードワークが帳消しになった際、勝利のチャンスは消え去ったと思い込んでいたと明かした。

41周目にセーフティカーが出動した際、ハミルトンはロズベルグに約9秒の差をつけていた。このタイミングでメルセデスは両ドライバーをピットに入れ、最終スティントのためにフレッシュタイヤを投入している。ミディアムに履き替えたハミルトンはロズベルグがより速いソフトタイヤを装着したことを知っており、2連勝を決めるチャンスは消え失せたと思ったという。

「セーフティカーが出たとき僕には十分なリードがあって、セーフティカーがなければ十分なリードだと思っていた。すぐに"くそ、彼はオプションで僕はプライムだ。彼を抑えるには奇跡がいるぞ"って思った。2つのタイヤの間には0.6秒の違いがあって、彼には僕の後ろでかなりのグリップがあったから、いかにパワーを使って自分のマシンの位置取りをしたかについては、僕のキャリアの中でも一番計算されたレースだったように感じた。彼はバックストレートで僕に追いつき、最終コーナーで僕に張り付くことができる。彼にはDRSで時速10kmから12kmあったんだ。彼がパスしていくのを受け入れなきゃならないような状況だったけれど、インサイドにいかずブロックする。少しインサイドにいって彼にそう思わせて戻り、彼が来るのを受け入れつつも毎回必ず取り戻せるようにするんだ。そうやって毎回そうできたかは分からないけど、とにかくやったよ!」

「僕ら2人ともきわどかったと思うし、そういう状況のときにはリスクが増す。僕らはあのとき限界にあって、もしかしたら次のときは少し戻すかもね。でも、今日はそうはさせなかった。彼は100の力を出しているんだから、僕が95にするわけにはいかない。彼はファンタスティックにドライブし、フェアだった。僕もそうだと思いたい。接戦だったけど、お互いのレースにダメージを与えなかった。チームは僕らを信頼してくれたし、それは素晴らしいことだった」

ハミルトンはまた、初めてカートで出会ったときにロズベルグを負かしたときのことを思い出し、最高のステージで巻き返されるのではないかと考えていたという。

「僕は2度目のすごくビッグなレースのためにイタリアに行き、ニコはすでにそこでスーパースターだった。彼はCRG(ファクトリーチーム)のリードドライバーで、マクラーレンを通じて僕にはトップレベルのドライブをする機会があったんだ。ニコはそのレースをリードしていて、僕が2番手。僕は他の全員から抜け出すために、彼をプッシュした。ファイナルラップで僕は彼をオーバーテイクし、レースに勝った。信じられないくらい素晴らしかったよ!」

「それが僕らの関係とレーシングキャリアの始まりだと思うけど、今日は彼がやり返すんじゃないかと考えていた。僕がずっとリードして、ここでしっぺ返しというわけさ。彼をとどめておくために、とにかくすべてをやったよ」

© ESPN Sports Media Ltd.