McLaren

/ News

  • マクラーレン
  • アロンソ、バクーでの大躍進は期待せず
  • 2018年4月24日: フェルナンド・アロンソはアゼルバイジャンGPではマクラーレンの最新アップグレードが劇的なパフォーマンスの前進をもたらすとは予想しておらず、チームはスペインでのポジションアップを目指しているという。

  • ルノー・スポールF1チーム
  • 思ったほどトップ3に近づけず、落胆するルノー
  • 2018年4月20日: 2018年シーズン最初の3戦を終えて、ルノーのチーフテクニカルオフィサー、ボブ・ベルは冬の間にチームがもっと大きな進歩を遂げたことを期待していたと本音を打ち明けた。

  • マクラーレン
  • 設定目標を下げすぎたマクラーレン
  • 2018年4月19日: シーズン序盤の3ラウンドで思ったほどMCL33のペースが伸びなかったことから、マクラーレンはマシン全面についての根本的な見直しを実施するという。

  • FIA
  • ピットミス防止策に取り組むFIA
  • 2018年4月19日: 最近のレースでアンセーフリリースが相次いだことを受けて、FIAがF1チームと協力し、ピットストップがより安全になるような対策の制定に取り組んでいる。

  • マクラーレン
  • レッドブルの優勝がモチベーションになるとアロンソ
  • 2018年4月17日: フェルナンド・アロンソはマクラーレンが改善しなければならない事実を隠すことはできないとしながらも、同じルノーエンジンのカスタマーであるレッドブルが中国で優勝したことはチームを駆り立てるだろうと語った。

  • 中国GP - マクラーレン - 決勝
  • 7位入賞も「改善が必要なのは明白」とアロンソ
  • 2018年4月15日: 15日(日)、シーズン第3戦中国GP決勝レースでマクラーレンのフェルナンド・アロンソが7位入賞を果たし、チームメイトのストフェル・バンドールンは13位完走だった。

  • ハースF1チーム
  • マグヌッセン開花はハースだからこそとシュタイナー
  • 2018年4月13日: ケビン・マグヌッセンの今季好調ぶりは、ドライバーがチームから信頼された時にこそ、真の実力を発揮できるという証明だとハースF1チームのギュンサー・シュタイナー代表は考えている。

  • 中国GP - マクラーレン - 初日
  • アロンソ、レースは「行き当たりばったりになる」
  • 2018年4月13日: 13日(金)、シーズン第3戦中国GP初日に実施された2回目のフリー走行でマクラーレンのフェルナンド・アロンソが10番手に入った一方、終盤にタイヤ交換にトラブルを抱えたストフェル・バンドールンは14番手だった。

  • マクラーレン
  • マクラーレンに66万円の罰金
  • 2018年4月13日: 中国でマクラーレンがフリー走行中に実施したピットストップ練習でストフェル・バンドールンを非安全な状態でリリースしてしまい、5,000ユーロ(約66万円)の罰金を科せられた。

  • フェルナンド・アロンソ
  • マクラーレンはそろそろ再評価されるべきとアロンソ
  • 2018年4月12日: シーズン序盤のマクラーレンのリザルトは"非常にいい"とフェルナンド・アロンソが主張し、そろそろ8度のコンストラクターズチャンピオンへの評価が見直されてもいい頃だと述べた。

  • ケビン・マグヌッセン
  • 継続は力なりとマグヌッセン
  • 2018年4月12日: 2018年に力強いスタートを切れた背景には、F1キャリアで初めて同じチームで開幕を迎えられたことがあるとケビン・マグヌッセンが述べた。

  • バーレーンGP - マクラーレン - 決勝
  • 予選から巻き返し、W入賞したマクラーレン
  • 2018年4月9日: シーズン第2戦バーレーンGP決勝レースが行われた8日(日)、マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンは7位と8位でダブル入賞を果たした。

  • フェルナンド・アロンソ
  • アップグレードに問題はないと主張するアロンソ
  • 2018年4月8日: 2戦連続してQ3進出を逃したにもかかわらず、フェルナンド・アロンソはマクラーレンの投入したアップグレードが期待通りの改善につながっていると考えているようだ。

  • バーレーンGP - マクラーレン - 予選
  • 「予想以上にひどかった」とアロンソ
  • 2018年4月8日: シーズン第2戦バーレーンGP予選が行われた7日(土)、マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンは13番手と14番手で予選を終えた。

  • バーレーンGP - マクラーレン - 初日
  • 「今のところまずまず」とアロンソ
  • 2018年4月7日: 6日(金)に実施されたシーズン第2戦バーレーンGP初日のフリー走行2回目でマクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンはそろってトップ10に入った。

  • キミ・ライコネン
  • ライコネン、ルール変更の議論に我関せず
  • 2018年4月6日: F1ドライバーたちは"無力"である以上、2021年以降のリバティ・メディアのプランについて考えても無意味だとキミ・ライコネンが切り捨てた。

Top of the Page上へ