McLaren

/ News

M.S. M.S. RSS FeedFeeds

  • メキシコGP - パワーユニット
  • ペレスが2基目のESとCEを搭載
  • 2019年10月30日: シーズン第18戦メキシコGPではレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスが2基目のバッテリーとコントロールエレクトロニクスを搭載した。

  • メキシコGP - ペナルティ
  • 3名のみがペナルティの対象に
  • 2019年10月30日: シーズン第18戦メキシコGPの週末にペナルティの対象となったのは3名のドライバーだけだった。

  • メキシコGP - ハースF1 - 決勝
  • 次戦での改善を願うグロージャン
  • 2019年10月28日: 27日(日)、シーズン第18戦メキシコGP決勝レースに挑んだハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは15位と17位にとどまった。

  • メキシコGP - トロ・ロッソ - 決勝
  • ガスリーが9位、クビアトに10秒ペナルティ
  • 2019年10月28日: 27日(日)に開催されたシーズン第18戦メキシコGP決勝レースでトロ・ロッソのピエール・ガスリーが9位入賞を果たすも、ダニール・クビアトはファイナルラップのインシデントで10秒ペナルティを受けてしまい、11位完走にとどまった。

  • 日本GP - パワーユニット
  • 日本でのパワーユニット交換はなし
  • 2019年10月16日: 2日間の日程に短縮されたシーズン第17戦日本GPで新しいパワーユニットエレメントを搭載した陣営はなかった。

  • ロシアGP - ペナルティ
  • ライコネンがジャンプスタート
  • 2019年10月2日: シーズン第16戦ロシアGP決勝ではキミ・ライコネンのジャンプスタートとケビン・マグヌッセンのルールに反するコース復帰が取り沙汰された。

  • シンガポールGP - ペナルティポイント
  • ペレスに戒告1回目、ペナルティポイント付与はなし
  • 2019年9月25日: シーズン第15戦シンガポールGPではレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスがシーズン初回の戒告を受けたのみで、ペナルティポイントを与えられたドライバーはいなかった。

  • シンガポールGP - パワーユニット
  • 予選除外のリカルドがMGU-KとCEを交換
  • 2019年9月25日: シーズン第15戦シンガポールGPではルノーのダニエル・リカルドがMGU-Kとコントロールエレクトロニクスを交換した。

  • シンガポールGP - ペナルティ
  • 実利なくとも違反は違反
  • 2019年9月25日: 第15戦シンガポールGPではたとえパフォーマンス上のアドバンテージがなくともルール違反は厳格に取り締まるという先例が示された。

Top of the Page上へ