McLaren

/ News

M.S. M.S. RSS FeedFeeds

  • ブラジルGP - ペナルティポイント
  • ブラジルでは罰点と戒告が3名ずつ
  • 2018年11月15日: シーズン第20戦ブラジルGPでは3名のドライバーにペナルティポイントが科され、他の3名に戒告処分が言い渡された。

  • ブラジルGP - ペナルティ
  • "やんちゃ"な2人にペナルティ
  • 2018年11月15日: シーズン第20戦ブラジルGPでは2人のスタードライバーがとった"やんちゃ"な行動にペナルティが言い渡された。

  • メキシコGP - パワーユニット
  • ガスリーが3つのエレメントを8基目に
  • 2018年10月31日: メキシコGPの週末にはトロ・ロッソのピエール・ガスリーが内燃機関、ターボチャージャー、MGU-Hを8基目にした。

  • メキシコGP - マクラーレン - 決勝
  • アロンソはリタイア、バンドールンが8位入賞
  • 2018年10月29日: 現地時間28日(日)に開催されたシーズン第19戦メキシコGP決勝レースで、マクラーレンのストフェル・バンドールンが8位入賞を果たすも、フェルナンド・アロンソはトラブルに見舞われてリタイアを喫している。

  • ハースF1
  • 出走停止処分を懸念するグロージャン
  • 2018年10月26日: US GPでペナルティポイントの12カ月累計が10点に達したハースF1のロマン・グロージャンは出走停止になる可能性を懸念している。

  • メルセデス
  • 5度目の戴冠の先を目指すハミルトン
  • 2018年10月26日: 5回目の選手権制覇が間近に迫っているルイス・ハミルトンは、"ポジティブな波"に乗りながらも、たとえ戴冠を果たしたとしてもそれにあぐらをかくつもりはないと言う。

  • US GP - ペナルティポイント
  • グロージャンがさらに危機的な状況に
  • 2018年10月24日: 4名にペナルティポイントが科されたシーズン第18戦US GPを終え、ハースF1のロマン・グロージャンが今まで以上に危機的な状況に立たされている。

  • US GP - ペナルティ
  • 失格が2名、減速違反に今回も厳罰
  • 2018年10月24日: シーズン第18戦US GPでは燃料使用量や燃料流量の問題で2名が失格になったほか、これまで2戦に続いて赤旗掲示中の減速不十分に今回も厳しいペナルティが科された。

  • US GP - ルノー - 決勝
  • W入賞を達成したルノー
  • 2018年10月22日: 現地時間21日(日)、シーズン第18戦US GP決勝レースに挑んだルノーのニコ・ヒュルケンベルグとカルロス・サインツは6位と7位でゴールし、ダブル入賞を達成した。

  • 日本GP - ペナルティ
  • コース上のバトルに3件のペナルティ
  • 2018年10月10日: シーズン第17戦日本GPの週末を通して、コース上のバトルにかかわった3人を含む5名のドライバーがペナルティを科された。

Top of the Page上へ