McLaren

/ News

M.S. M.S. RSS FeedFeeds

  • イギリスGP - ペナルティポイント
  • ベッテルの累積が6ポイントに
  • 2019年7月17日: シーズン第10戦イギリスGPではレースでライバルのリアに衝突してしまったフェラーリのセバスチャン・ベッテルに2ポイントの罰点が言い渡された。

  • イギリスGP - パワーユニット
  • ハミルトン、ベッテルらがMGU-Kを交換
  • 2019年7月17日: シーズン第10戦イギリスGPでは複数のドライバーが新しいパワーユニットコンポーネントを搭載したものの、全て規定数内での交換だった。

  • イギリスGP - ペナルティ
  • ただ一人ペナルティを科されたベッテル
  • 2019年7月17日: シーズン第10戦イギリスGPの期間中にスチュワードが審議を行ったインシデントは2件で、実際にペナルティを科されたのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルのみだった。

  • フェラーリ
  • F1はレース改善の好機を逸したとフェラーリ
  • 2019年7月4日: フェラーリ代表のマッティア・ビノットはメルセデスの今季の圧勝体制を崩すためのタイヤ仕様変更にF1が同意しなかったことを"恥ずかしく"思っている。

  • オーストリアGP - ペナルティポイント
  • 王者ハミルトン含む3名に罰点
  • 2019年7月3日: シーズン第9戦オーストリアGPでは現チャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)を含む3名のドライバーがペナルティポイントを加算された。

  • オーストリアGP - パワーユニット
  • 2台のエンジンが5基目に
  • 2019年7月3日: シーズン第9戦オーストリアGPでは複数のドライバーがパワーユニット交換によるペナルティを言い渡された。

  • フランスGP - ペナルティポイント
  • リカルドが3点、ペレスが1ポイント加点
  • 2019年6月26日: シーズン第8戦フランスGPではレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとルノーのダニエル・リカルドにペナルティポイントが科された。

  • フランスGP - パワーユニット
  • Hondaがスペック3を投入
  • 2019年6月26日: シーズン第8戦フランスGPにはHondaがスペック3のエンジンを持ち込んだ。

  • フランスGP - ペナルティ
  • コース逸脱と復帰に厳しい判断
  • 2019年6月26日: シーズン第8戦フランスGP決勝ではルノーのダニエル・リカルドに2度科されたペナルティがレース結果を変えた。

  • F1
  • F1が2021年のルール策定期限を延長
  • 2019年6月14日: 13日(木)にパリで行われた会合によって、2021年のスポーティングレギュレーションの最終的な発表を10月末まで遅らせることが決定した。

  • カナダGP - ペナルティポイント
  • ベッテルとサインツにペナルティポイント
  • 2019年6月12日: シーズン第7戦カナダGPではフェラーリのセバスチャン・ベッテルとマクラーレンのカルロス・サインツにペナルティポイントが加算された。

  • カナダGP - ペナルティ
  • 物議をかもしたベッテルのペナルティ
  • 2019年6月12日: シーズン第7戦カナダGP決勝ではライバルと競り合っていたフェラーリのセバスチャン・ベッテルがコースオフした際のスチュワードの裁定が議論を呼んだ。

Top of the Page上へ