McLaren

/ News

  • F1
  • 年内の2022年向け開発は禁止
  • 2020年3月31日: 次の大規模なF1ルール変更が2022年に延期されたことに加え、モータースポーツ統括団体であるFIAは今年末までマシンの空力開発を全面的に禁止することにした。

  • メルセデス
  • メルセデス、改良型CPAP装置の生産に協力
  • 2020年3月30日: ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)とメルセデスのF1エンジン部門がわずか10日間で呼吸マスクのリバースエンジニアリングを成功させた。

  • F1
  • 今なお15戦から18戦の開催を見込むF1
  • 2020年3月24日: 新型コロナウイルス(COVID-19)が世界規模で感染拡大する中、F1は今夏にシーズンをスタートさせ、2020年に15戦ないし18戦を開催できると今も信じているようだ。

  • F1
  • アゼルバイジャンGPが延期に、カナダも可能性あり
  • 2020年3月23日: F1シーズンの開幕はさらに先延ばしになった。新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、アゼルバイジャンGPのオーガナイザーの要請により、グランプリが延期されることになったのだ。

  • モナコGP
  • モナコGPは開催を断念
  • 2020年3月20日: モナコGPのオーガナイザーは新型コロナウイルスのパンデミックにより延期が決まったF1で最も有名なレースの2020年内の開催を断念したことを明かした。

  • ル・マン24時間
  • ル・マン24時間は6月から9月に延期
  • 2020年3月19日: 新型コロナウイルスのパンデミックにより、伝統レースのひとつ、ル・マン24時間耐久レースが6月13日(土)から14日(日)の日程を変更し、9月19日(土)から20日(日)に開催されることになった。

  • F1
  • 閉鎖期間を3週間に拡大、F1チームも同意
  • 2020年3月19日: 新型コロナウイルスのパンデミックにより、F1は夏に義務化している閉鎖期間を前倒しし、かつその期間を2週間から3週間に拡大することにした。

  • ピレリ
  • ピレリのチームメンバーに陽性反応
  • 2020年3月17日: F1タイヤサプライヤーのピレリはチームメンバーがメルボルンを訪れた後、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出ていたことを明かした。

  • マクラーレン
  • 陽性反応のマクラーレンメンバーが回復
  • 2020年3月16日: マクラーレンを率いるザク・ブラウンはオーストラリアGP開幕前夜に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出ていたマクラーレンのチームメンバーが「順調に回復」しており、現在は症状がなくなったと明かした。

  • オーストラリアGP
  • オーストラリアGPは予定通り開催へ
  • 2020年3月2日: 2020年シーズン開幕戦を務めるオーストラリアGPのオーガナイザーは新型コロナウイルスの感染拡大の懸念がありながらも、予定通り3月15日(日)にグランプリを開催すると主張している。

  • バルセロナテスト - ピレリ - 最終日
  • 「非常に生産的だった」とピレリ
  • 2020年2月29日: 28日(金)、ピレリは6日間にわたって実施されたカタロニア・サーキットでのテスト作業を完了した。

  • バルセロナテスト - ウィリアムズ - 最終日
  • マシンは明らかに昨年よりも良いとウィリアムズ
  • 2020年2月29日: 28日(金)、ジョージ・ラッセルがプレシーズンテスト最終日のドライブを担当し、ウィリアムズは6日間にわたるテストプログラムを完了した。

  • バルセロナテスト - ハースF1 - 最終日
  • クラッチトラブルに見舞われたマグヌッセン
  • 2020年2月29日: プレシーズンテスト最終日となった28日(金)、ハースF1のテストプログラムはロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンが分担して取り組んだ。

Top of the Page上へ