McLaren

/ News

  • ミック・シューマッハ
  • ミックの素質を称賛するウォルフ
  • 2018年10月15日: メルセデスを率いるクリスチャン・トト・ウォルフは7度の世界王者であるミハエル・シューマッハの息子で先週末にユーロF3王者に輝いたミック・シューマッハの素晴らしさをたたえた。

  • ストフェル・バンドールン
  • バンドールンがフォーミュラE転向を発表
  • 2018年10月15日: マクラーレンのストフェル・バンドールンが来年、メルセデス系列のHWAレースラボ・チームからフォーミュラEに参戦することを発表した。

  • レディオ・ガガ - 日本GP
  • 「あいつがやったこと、信じられる!?」
  • 2018年10月9日: またもフェラーリが不覚を取り、セバスチャン・ベッテルがまたも大きな打撃を受けてチャンピオンシップのチャンスがさらに薄れた日本GPより、特選の無線メッセージを紹介する。

  • ルイス・ハミルトン
  • ベッテルに「敬意を払うべき」とハミルトン
  • 2018年10月9日: メルセデスのルイス・ハミルトンはメディアに対し、内々の問題でチャンピオンシップ挑戦に黄信号が灯ったライバルのセバスチャン・ベッテルに「もう少し敬意を払うべきだ」と主張した。

  • F1
  • ベトナムが2020年のレース開催に向けて前進
  • 2018年10月8日: FIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングはベトナムの新F1サーキット計画について、2020年に見込まれるグランプリ開催を前に順調だと明かした。

  • ルイス・ハミルトン
  • 心理戦と接戦を歓迎するハミルトン
  • 2018年10月8日: メルセデスのルイス・ハミルトンはセバスチャン・ベッテルとの一騎打ちを楽しんできた2018年シーズンのタイトル争いが最終戦までもつれ込むことを期待しているという。

  • セバスチャン・ベッテル
  • ベッテル、接触はフェルスタッペンの責任
  • 2018年10月7日: 4戦を残してタイトルの可能性がさらに薄れたセバスチャン・ベッテルは日本GP決勝レースで発生したマックス・フェルスタッペンとのインシデントに自らの責任はないと主張した。

  • 日本GP - ルノー - 決勝
  • 1点をもぎ取ったサインツ
  • 2018年10月7日: 7日(日)、シーズン第17戦日本GPに挑んだルノーのカルロス・サインツはポイント圏外から10位フィニッシュを果たしたものの、ニコ・ヒュルケンベルグはトラブルでリタイアした。

  • マクラーレン
  • タイヤ配分のミスを認めるマクラーレン
  • 2018年10月6日: マクラーレンは日本GPに向けたタイヤ選択の判断を間違えたと明かし、その結果、ドライバーたちは予選までにスーパーソフトタイヤを履いて本格的な練習に取り組めなかった。

  • メルセデス
  • チームオーダーの選択肢を残すメルセデス
  • 2018年10月6日: メルセデスを率いるクリスチャン・トト・ウォルフは日本GPでチームオーダーを発令するオプションを保持しておきつつ、前回のロシアGPで発生したような誤解を回避する計画を立てているという。

  • 日本GP - レッドブル - 予選
  • フェルスタッペンが3番手もリカルドはトラブルでQ2敗退
  • 2018年10月6日: 6日(土)に鈴鹿サーキットで行われたシーズン第17戦日本GP予選でレッドブルのマックス・フェルスタッペンは3番手に食い込むも、ダニエル・リカルドはトラブルに見舞われてQ2をノータイムで終えている。

  • フェラーリ
  • アリバベーネ、不調の理由はセンサーにあらず
  • 2018年10月5日: フェラーリ代表のマウリツィオ・アリバベーネはセバスチャン・ベッテルの最近の不調はフェラーリのバッテリーに搭載された新しいFIAセンサーが理由ではないと主張した。

  • 日本GP - ザウバー - 初日
  • 鈴鹿で競争力を示すザウバー
  • 2018年10月5日: 5日(金)、シーズン第17戦日本GP初日に実施されたフリー走行2回目、ザウバーのマーカス・エリクソンが9番手に食い込み、シャルル・ルクレールは15番手だった。

  • フェラーリ
  • アグレッシブに攻めつつも「自滅はしない」とベッテル
  • 2018年10月5日: ルイス・ハミルトンとのギャップ短縮を目指すセバスチャン・ベッテルは日本GPのレース戦略をアグレッシブに練ると誓いつつも、フェラーリが勝利を狙うために愚かな戦略を取ることはないと語った。

  • ロス・ブラウン
  • メルセデスの判断は正しかったとブラウン
  • 2018年10月3日: F1マネジングディレクターのロス・ブラウンはメルセデスがバルテリ・ボッタスに道を開けさせ、ルイス・ハミルトンに優勝を譲るよう指示したことは正しい判断だったと語った。

Top of the Page上へ