McLaren

/ News

  • マクラーレン

ハミルトン、タフな予選を予想

Jim
2012年11月17日 « 2012年第19戦ドライバーコメント初日 | もっとソフトなタイヤでも良かったとピレリ »
初日のフリー走行では2回ともベッテルに1秒離されたハミルトン © Sutton Images
拡大
関連リンク

ルイス・ハミルトンはサーキット・オブ・ジ・アメリカズでタイヤの熱入れに苦戦したことを受け、マクラーレンにとって"厳しい"予選になるだろうと語った。

US GP初回セッションで2番手タイムを記録し、後半のフリー走行では4番手につけたハミルトン。いずれもレッドブルのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークする中でマクラーレンも上位に名を連ね続けているものの、ハミルトンは最近のレースよりも気温が低いコンディションにおいて、マクラーレンが一発のアタックでタイヤを機能させることに問題を抱えていると認めている。

「今日の難題はタイヤのスイッチ。ハードとミディアムの組み合わせの場合、こういう涼しいコンディションだとタイヤを機能させるのが簡単じゃないから、明日は厳しくなるだろう」

また、グランプリ2日目にベッテルのペースに匹敵できるかどうか確信がないとも明かしたハミルトンは「彼がどこからあのタイムを引き出しているのか分からない。自分たちにペースがあるのかどうかも分からないけど、明日に挑まなきゃいけないし、いくつか変更してみてマシンを改善することは可能だ。改善が期待できるものもいくつかあるしね。テストしたものの中にはあまり良くなかったものもあったから、P1(フリー走行1回目)の状態を取り戻して、明日はもっと良くなることをねがっている」とコメントしている。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズについては「ドライブがかなり難しい」と話しながらも、チャレンジを楽しんでいると言うハミルトンは次のように付け加えた。

「ドライブするには最高のコースだけど、コース全体はものすごく走るのが難しいと思う。すべてのセクターをきっちりまとめるのはかなりタフ。僕的には2つ目と最後のセクターの方が楽な気がする。第1セクターは高速で最もハード。ラインもいくつか違うところを走れるし、本当に速い区間だからね。そこを通過するのに適切なバランスを見いださなきゃいけない上に、中盤と終盤のセクターだってそれほど簡単なわけじゃない」

「アメリカの金曜日にこれだけたくさんの人が集まってくれるなんて。イベント全体で本当に素晴らしい仕事をしていると思う。明日も日曜日もかなり期待しちゃうな。皆がレースを楽しんでくれることを心から願っている」

© ESPN Sports Media Ltd.