McLaren

/ News

  • モナコGP

ロータスを優勝候補に挙げるバトン

Me
2012年5月26日 « 上場延期も示唆するエクレストン | ニュルブルクリンク、新たに10年契約を希望 »
モナコでバトンはロータスに警戒している © Sutton Images
拡大

モナコで倒すべき相手はロータスだとジェンソン・バトンがライバルを名指しした。

初日のフリー走行でロマン・グロージャンが2回とも2番手につけており、バトンのチームメイト、ルイス・ハミルトンも「ロータスはかなり調子良さそうだ」と述べた。

「普通は2種類のタイヤコンパウンドの間には0.7秒の違いがある」と2008年のワールドチャンピオンは述べた。「でも、ジェンソンとグロージャンの差は0.4秒しかない」

バトンも同じ考えだ。「彼らは出ていくたびに上位に躍り出る。だから、今最も強いのはロータスだと思うよ」と彼は『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』に語った。

「ソフトタイヤで1分16秒1というのはすごく速いタイムだ」

バトンは『O Estado de Sao Paulo(オ・エスタド・デ・サンパウロ)』に言う。「彼らを倒すのは大変だ」

レース勝者が毎回変わることがスポーツに悪影響を与えていると批判する人々をピレリのポール・ヘンベリーはからかった。

「ロータスが有力だとジェンソンが言うのは心配だね」と彼は『Twitter(ツイッター)』で述べた。「また違うマシンで6人目のウイナーが出てしまうじゃないか」

「それは困る。キミとロマン、お願いだから勝たないでね」

© ESPN Sports Media Ltd.