McLaren

/ News

  • マクラーレン

「ガッカリ」とハミルトン

Jim
2012年5月13日 « 初ポールを喜ぶマルドナド | 前進できると自信のバトン »
ポールポジションはハミルトンからマルドナドへ © Sutton Images
拡大
関連リンク

スペインGPのスチュワードはルイス・ハミルトン(マクラーレン)のポールポジションをはく奪した。

裁定を受けて、グリッド最後尾に着くことになったハミルトンは「本当にガッカリだ。今日の予選セッショは僕がこれまで走った中でもベストのひとつだった」とコメント。

ポールタイムを刻んだハミルトンに対し、エンジニアは"問題"があるとしてコース上にマシンを止めるよう指示を出している。その後、FIAが1リットルの燃料サンプルの提出を義務付けているため、マクラーレンはマシンに提出用の燃料を残しておかねばと懸念していたことが発覚した。

しかしながら、F1テクニカルレギュレーションの6.6.2条ではサンプルを採取できる燃料を残して自力でピットまで戻ってくることが定められている。

マクラーレンのスポーティングディレクターであるサム・マイケルは"不可抗力"を主張するも、スチュワードは「マシンに給油される燃料量はコンペティターが管理すべき事柄であり、スチュワードはこれを不可抗力と認めることはできない」と声明で述べた。

チームを率いるマーティン・ウィットマーシュは「不可抗力だったというわれわれの主張にスチュワードが同意しなかったことを受け入れ、彼にペナルティを科すと裁定した彼らの判断に異論を唱えることはしなかった」と明かしている。

ハミルトンが失格になったため、2番手タイムを記録していたウィリアムズのパストール・マルドナドが初めてポールからレースをスタートさせる。

© ESPN Sports Media Ltd.