McLaren

/ News

  • マクラーレン

マクラーレン、MP4-27を発表!

Me
2012年2月1日 « ロータス、新体制を発表 | ハイドフェルド、ル・マン参戦を発表 »
2012年、多くのマシンに搭載されると予想された"ステップノーズ"はMP4-27には見られない © Sutton Images
拡大
関連リンク

マクラーレンが2012年のマシン――MP4-27――をマクラーレン・テクノロジー・センターで公式発表した。

新車は2011年に6勝したMP4-26の進化型。チームは今年こそレッドブルとのギャップを縮めようと意気込む。ベールを脱いだマシンは先週公開されたケータハムとはフロントエンドのソリューションが異なっており、シャシーからノーズ先端にかけては緩やかな曲線を描いている。MP4-26の特徴だった彫り込まれたサイドポッドも再設計され、リアエンドは2011年よりもすっきりとして見える。

ルイス・ハミルトンによると、リアエンドはエキゾースト・ブロウン・ディフューザーが禁止されたことによるダウンフォース不足を補うように設計されているという。

「今の状態でのドライブは以前よりずっとトリッキーなものになる」とハミルトンは述べた。「でも、シーズンが近づくにつれて不足したダウンフォースを見いだせるはずだ」

新車はヘレスでのプレシーズンテスト開始前にオリバー・ターベイの手によってストレートラインでシェイクダウンされる。テストでは前半2日をジェンソン・バトンが担当し、残り2日はマシンをハミルトンへと引き継ぐ。

© ESPN Sports Media Ltd.