McLaren

/ News

  • ルイス・ハミルトン

ハミルトン、チームとの契約に離脱の条項

M.S.
2011年7月4日 « チケット売上減ならFIAに責任とエクレストン | ウィリアムズ、ルノーエンジンを獲得! »
移籍も可能だと報じられたハミルトン © Sutton Images
拡大

マクラーレンとの契約には2012年も含まれるものの、ルイス・ハミルトンが今季末でチームを離れることも可能のようだ。

『Daily Mail(デイリー・メール)』が報じたところによれば、両者の契約にはハミルトンがタイトルをとれなかった場合、もしくはチームがコンストラクターズタイトルを取れなかった場合にハミルトンのチーム離脱を容認する条項が含まれているという。

同紙は情報源を明かしていないが、ハミルトンの契約は父アンソニー氏が弁護士の協力によって交渉したものだと伝えた。

レッドブルではマーク・ウェバーが2012年の契約をまだ結んでおらず、今回の報道によってハミルトンとレッドブルを結びつける推測が注目を集めている。

先月のカナダGPでレッドブル代表のクリスチャン・ホーナーと面会していたハミルトンは、1回のタイトル獲得に甘んじる気はないと語る。

「1回しかチャンピオンシップで勝てなければ最悪だ。何年も無駄にしたように感じるだろう。僕は勝つためにここにいる。興味があるのはそれだけで、僕はそのために生きているんだ」

「まだ何の決断もしていない。もちろん、つねに自問してすべての選択肢を検討し"もっと何かできることはないか?"って考えているよ」

一方、マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュは『Independent(インデペンデント)』紙に2012年もハミルトンがマクラーレンに残っている方に喜んで賭けると話した。

「あぁ、そうする。彼はここ10日間わたしと共に座り、情熱、熱意、このチームと共にありたいという願望を説明していた」

「本気ではないことを、私の目を見て話したりはしないだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.