McLaren

/ News

  • マクラーレン

革新的なデザインが採用されたMP4-26

Kay Tanaka
2011年2月4日 « マクラーレン、新車MP4-26を発表! | バトンもボタン増加を懸念 »
パーツを組み立ててMP4-26を発表させたマクラーレンのメカニックたち © Sutton Images
拡大

多くのF1チームは第1回プレシーズンテストが行われたバレンシアで新車を公開したが、マクラーレン・メルセデスの新車MP4-26は灰色の雲に覆われた寒いドイツ・ベルリンで発表された。

シャンパンとキャビアの代わりに紅茶とビスケットをたしなむ人々が見守る中、マクラーレンのメカニックたちがマシンのパーツを持ち、古いベルリンの壁の近くにあるポツダム広場に続々と入ってくる。これがマクラーレンの新車発表が始まった時の状況だ。

このメッセージは魅力的というよりも、機能的と表現した方が適切だろう。登場したMP4-26はフェラーリやレッドブルというライバルたちと2011年シーズンを争い、主導権を握るためのマシンだ。

カバーを外されたマシンには新しい電気的ハイブリッドシステム(KERS/運動エネルギー回生システム)が搭載され、新しいレギュレーションの範囲内でアドバンテージを得るための空力デザインが投入された。その中にはマシンの内側がえぐられたU字型のサイドポッドが含まれており、マシンのリアエンドに効率よく空気を導く意図が感じられる。

「ベルリンの厳しい天候にも関わらず、たくさんのファンが今日のイベントに来てくれたのは素晴らしいことだ」と語ったのは2008年ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトン。「僕らの2011年型マシンはユニークな方法で発表されたけど、こんなことは今までなかったと思う。来週行われるサーキットテストでも、マシンが革新的であることが証明できることを願っているよ」ともコメントした。

チーム代表のマーティン・ウィットマーシュは、2011年の挑戦者となる新マシンを製作したチーム全体のハードワークを喜んでいる。

「MP4-26はハードワーク、革新的な考え、そしてダイナミックなチームワークの結果として生まれたものだ。パディ・ロウ、ティム・ゴス、ニール・オートレイの指揮のもと、われわれのデザイン部門はこれまで以上に融和された。事実、プロジェクトに携わったエンジニアの貢献には特に誇りを感じている。彼らのうちの多くはかなり初期の段階からリーダーシップ的な役割を得ており、この強烈で独特な見た目を持ったマシンを製作するために共にうまく働いてくれた」

© ESPN Sports Media Ltd.