McLaren

/ News

  • アブダビGP - マクラーレン - 決勝

ランキング6位の目標達成を喜ぶサインツ

Nobu / Jim
2019年12月2日 « ペレス、最終ラップの追い抜きはキャリア最高のひとつ | 「最高の締めくくり」とハミルトン »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

1日(日)、シーズン最終戦アブダビGP決勝レースに挑んだマクラーレンのランド・ノリスとカルロス・サインツは8位と10位でゴールし、ダブル入賞を達成した。

カルロス・サインツ

「とてもうれしい! 今週はドライバーズチャンピオンシップで6位を取るのが目標で、本当にできた! 楽なレースではなく、全てのスティントで多くのトラフィックがあり、ソフトコンパウンドでスタートしなければならなかった。2ストップ戦略にすることでトップ10に入るのが微妙な位置になるのは理解していたが、それしかチャンスがないことも分かっていた。終盤ヒュルケンベルグに何とか追いつき、ファイナルラップでオーバーテイクを仕掛けた。あの瞬間は忘れないよ! 今シーズンはとても満足しているし、チームのみんな一人一人にとても感謝している。ありがとう!」

ランド・ノリス

「スタートもまずまずで、とてもいいレースだった。ソフトタイヤのスティントは少し苦しみ、最後にはミスをして大きくロックしてしまった。それで予定よりも早めにピットインすることになった。でも全体的にタイヤはうまく管理できたと思う。やるべき時にはいいバトル、いいオーバーテイクができた。レースを通じてもう1つだけミスがあるとすれば、最後にペレス(レーシング・ポイント)にオーバーテイクされたことだ。素直にあれはフェアなオーバーテイクだったと思うけど、キッチリ決められて打ちのめされた。長かったけど全体的には満足できるシーズンだった。本当にいい改善をすることができたし、大いに楽しんだよ。チームとして素晴らしい仕事ができて、今から来シーズンを楽しみにしている。僕のF1ルーキーシーズンを素晴らしいものにしてくれたチームのみんなに感謝を伝えたい」

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)

「コンストラクターズ選手権4位、カルロスとランドがドライバーズ選手権を6位と11位で終えた結果は、今年のマクラーレン・チームにとって素晴らしい成果と言える。何よりも今日は、コースの現場、それから拠点にいるみんな、ルノーから来てくれている仲間たち、今年を通して信じられないほどのハードワークと最高のスピリットを見せてくれたチームのメンバー1人ひとりに感謝を伝えたい。1年間、マシンの中でも外でも本当に見事な仕事を果たしてくれたカルロスとランドを祝したい。彼らのそのがんばりが獲得したすべてのポイントの基盤となっており、チームの輝かしいスピリットの源だ。今日はわれわれにとって楽なレースではなく、ソフトタイヤでスタートしたため、スタートでタイヤ選択が自由だった陣営と比べればレースタイムを打球しなければならなかった。レース終盤は戦略を分けることにし、スティントを増やしたカルロスはミディアムタイヤで果敢なオーバーテイクを披露するなど印象的な走りを披露し、ドライバーズ選手権6位を確保するのに必須だったプラス1点を何とかものにしている。ランドは超ロングスティントを走りながらハードタイヤを本当にうまく管理しており、ペレスをあと一歩のところで抑えきれなかったとはいえ、シーズン最終戦で新たな8位という結果をもたらしてくれた。また、シーズンを通して全力でサポートしてくださった素晴らしいパートナーの皆さまにも感謝申し上げる。皆さんのご支援がわれわれのパフォーマンス回復とチームスピリットを後押ししてくれた。加えて、今年も素晴らしいショーを演出し、将来に向けてわれわれがこの素晴らしいスポーツを築いていけるよう支え続けてくれているフォーミュラ1、FIA、共に戦うチームやライバルに感謝している。何よりも、われわれのやる気の源である素敵なファンの皆さまに感謝を伝えたい。マクラーレンにとって最高のサポーターであり、日々、われわれにさらなるモチベーションを与えてくれている。いざ、2020年へ!」

© ESPN Sports Media Ltd.