McLaren

/ News

  • ブラジルGP - マクラーレン - 予選

0.01秒差でQ3を逃したノリス

Me / Jim
2019年11月17日 « レーシング・ポイント、中盤セクターに苦戦 | 最初のスティントがカギになるとピレリ »
© Robert Cianflone/Getty Images
拡大

シーズン第20戦ブラジルGP予選が行われた16日(土)、マクラーレンのランド・ノリスは0.01秒足りずに11番手でQ2敗退となり、カルロス・サインツはトラブルでタイムを残せなかった。

予選4番手だったフェラーリのシャルル・ルクレールがエンジンペナルティで10グリッド降格処分を受けるため、ノリスのスタート位置はひとつ繰り上がる見込み。予選でノータイムだったサインツはフリー走行のタイムを踏まえ、スチュワードの判断でレースへの出場が認められている。

土曜フリー走行はノリスとサインツが9番手と10番手につけていた。

カルロス・サインツ

「すごくがっかりだ。Q1最初の走行でエンジンに問題が起き、ラップタイムすら出せなかった。何が起きたのか調査するけど、それでQ3のチャンスを失ってしまったんだから、すごくがっかりしている。またも波乱の土曜日で、自分たちのペースを見せられなかったのにはイライラするけど、こうしたことは起きるものだし、レースは明日だ。グリッドの後ろからスタートしてポイントを取るのは簡単じゃない。でも、僕らはチェッカーフラッグまで戦うし、どうにかして巻き返したい」

ランド・ノリス

「Q3に行けなかったから最高の予選ではない。僕らは常にそこを目指しているんだ。最近のレースと比べると、クルマがこのコースに合っていないみたいで、今週末はここまであまり強くない。加えて、グリッドがめちゃくちゃ接近している。あと0.01秒速ければQ3に行けたんだから、ちょっと悔しいけど、それだけ小さなことが大事だってことなんだ。タイトなのは分かっていたことで、ほんの少しだけ届かなかった」

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)

「ずっと良い土曜日が続いていたので、今日は非常に失望の予選となった。残念ながら、最初のセッションでタイムラップを走るよりも前にエンジンパワーを失ったせいで、カルロスの予選を断念しなければならなかった。ランドの方はQ3進出にあとわずか100分の1秒が足りなかった。しっかりと集中する。カルロスのマシンに起きた故障についてはまだ調査しなければならないが、その前に、巻き返しを誓って明日に集中を切り替える」

© ESPN Sports Media Ltd.