McLaren

/ News

  • シンガポールGP - マクラーレン - 決勝

サインツが序盤に後退もノリスが7位入賞

Nobu / Jim
2019年9月23日 « 8位入賞のガスリー、「とても楽しめた!」 | フェルスタッペンが表彰台フィニッシュ »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

22日(日)、シーズン第15戦シンガポールGP決勝レースに挑んだマクラーレンのランド・ノリスは7位でポイントを獲得するも、カルロス・サインツはオープニングラップのインシデントでポジションを落とし、12位完走にとどまった。

カルロス・サインツ

「とても残念な形で週末が終わった。いい結果を狙っているときに、ノーポイントが続いてしまった。思い通りのスタートができて、7番手で前のレッドブルを攻めていた。しかし、ターン5に入るところでルノーに後ろから当てられてレースが終わってしまった。パンク、大きなマシンダメージ、それから長いピットストップで周回遅れになった。僕は7位にはなれただろうし、チームにとってはダブルポイントのはずだったから残念だ。もちろん、それでも諦めずに最後までハードに戦った。クルマの中では肉体的にも精神的にも強くなった気がしたし、ロシアでは反撃できる。今はこのレースを忘れて次の週末に集中しよう」

ランド・ノリス

「最終的にはまずまずのポイントが取れたいいレースだったし、あまり他の手はなかったと思う。ベストなスタートができたけど、前にいるみんなにつかまってしまった。みんなタイヤを温存しようとしていたから、これもレースだけどね。セーフティカーが何度か出て、自分たちに有利に働いたときもあったけどそうでないときもあった。フレッシュなソフトを履いたヒュルケンベルグ(ルノー)とガスリー(トロ・ロッソ)に後ろにつかれてしまった。それから最後の数ラップはすごいプレッシャーだった。プッシュせざるを得なかったけど楽しかったよ。それまではすごくゆっくり流していたレースだったからね。今日は2人ともポイントを取れていたはずだから、序盤でカルロス(サインツ)がヒュルケンベルグに当てられたのは残念だった。ハードワークをしてくれたチームとファクトリーの全員に感謝したい」

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)

「なんというレースだ! コンストラクターズ選手権のライバルよりも多くのポイントを手にシンガポールを出発できることは本当にうれしい。残念ながら、カルロスのレースはわずか数コーナーしかなかったと言えるが、それでも本当によく巻き返した。ランドは見事なドライブで、今日のわれわれに成し得た最高のポジションでゴールしてくれた。セーフティカーが出動した終盤のラップは、自分よりも状態の良いタイヤで走っていた真後ろのドライバーたちからの激しいプレッシャーにさらされながらもしっかりと対応した。この暑さでタフだったが、ガレージとピットウオールのチーム全員が素晴らしい仕事を果たした。また、ファクトリーからも、週末を通して強力なペースをもたらしたアップデートという素晴らしいサポートを得ている。これにより、この先のレースに向けて非常に楽観できる。次はソチだ」

© ESPN Sports Media Ltd.