McLaren

/ News

  • ハンガリーGP - マクラーレン - 決勝

W入賞を遂げて夏休みを迎えるマクラーレン

Nobu / Jim
2019年8月5日 « フェルスタッペン、「2位は十分いいリザルト」 | ベッテル、苦戦覚悟のレースで3位表彰台 »
© ATTILA KISBENEDEK / AFP
拡大

4日(日)、シーズン第12戦ハンガリーGP決勝レースに挑んだマクラーレンのカルロス・サインツとランド・ノリスは5位と9位でダブル入賞を果たした。

カルロス・サインツ

「やった! 1週間前の5位よりもうれしい5位だ。完璧なレース運びだった。割と普通のレースの中、いいスタートができ、いいペースがあり、トップ5でポイントを取ることができた。第2スティントでガスリー(レッドブル)を抑えていたときは頭がどうにかなりそうだったけど、彼に近づかれそうになったらいつでも対抗できるよう、僕はペースをコントロールしていた。純粋なペースの面でも何とかレッドブルの前でゴールできた。ここにいるチームとファクトリーにいる一人一人に感謝したい。前半戦のレースを見てもらうと、僕たちが今シーズンどれほどの進化を遂げたか分かると思う。それをこれからも続けていかないと。もっともっと近づくのが理想だ。今の状況、結果を出し続けていることにみんな自信を持っていい。来年もっといいクルマを作り、さらに進歩するためには、後半のシーズンも学び続けることが大切だ。さあ、これから充電してさらに強くなって戻ってこよう。チームのみんな、ありがとう。夏休みを楽しんで!」

ランド・ノリス

「良いスタートだったし、前にいた人たちをかなり抜けたのはよかった。すぐにガスリー(レッドブル)を追い抜いたんだけど、カルロスがインサイドのどこかにいることは分かっていたから、彼にかなりのスペースを残そうと安全にいった。後から考えてみれば、前を取れたと思うけど、リスクを冒したくなかったからね。第1スティントの7番手はまずまずで、ずっとカルロスにくっついていた。その後、ピットストップに入って、確か左リアだったと思うけど、ちょっとスローになった。基本的にはそこでポジションをすべて失ってしまったんだと思っている。ペースは良かったけど、最後はメルセデスがちょっと早すぎたね。それ以外はまずまずのレースだったと思う」

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)

「チームにとっては今回も非常に強力な週末だった。最高のスタートを決めたカルロスは本当に印象的なドライブを見せてくれた。レース後半は終始、ガスリーを抑え続け、5位を確保するために一切の動揺を見せていない。ランドは不運だった。もっと上位でフィニッシュできそうだったのに、ピットストップで左リアのホイールガンにトラブルがあり、そのせいで2つのポジションを失った上に、終盤にはボッタスにかわされてしまった。この1カ月、コースの現場もMTC(マクラーレン・テクノロジー・センター)も含め、みんなが必死にがんばったことが報われている。われわれが4番手チームであることは明白であり、12点の貴重なポイントを追加できたことでコンストラクターズ選手権4位の座が強固なものになっている。チームのメンバーひとり一人が夏休みを楽しんでくれればと思う。次の仕事は、みんなが充電を満タンにして、スパでさらに強くなって戻ってくることだ」

© ESPN Sports Media Ltd.