McLaren

/ News

  • イギリスGP - マクラーレン - 決勝

サインツが粘りの走りで6位を確保

Me / Jim
2019年7月15日 « 「忘れてしまいたい週末」とストロール | W入賞も、さらに上を目指すルノー »
© Bryn Lennon/Getty Images
拡大

14日(日)、シーズン第10戦イギリスGP決勝レースでマクラーレンのカルロス・サインツが6位入賞を果たすも、ランド・ノリスはポイント圏内から脱落し、11位完走にとどまった。

カルロス・サインツ

「いい日曜日だったよ! 土曜日はタフだったから、堅実なスタートを決めて、タイヤマネジメントといい戦略でリカバーする計画だったんだ。今日もパーフェクトに完遂した。僕はスタートでアルファロメオ・レーシングを2台ともオーバーテイクして、ミディアムを履いた中団勢のトップに立った。ペースは良く、僕らはセーフティカーを利用して一度きりのピットストップを終えた。ストップ後は必要な時にすごくいいペースが出せたし、リカルド(ルノー)との6番手争いは緊迫していたけど楽しかった。いいレースだったよ。僕はどうにか抑え切り、チームに多くのポイントを持ち帰った。これから週末全体を分析し、ドイツについて考え始めたい。プッシュを続けよう」

ランド・ノリス

「すごくいいスタートができた。ターン3で軽い接触があって少しダメージを負ったけど、違いが出るほどのものじゃなかった。最初のスティントが終わってリカルドにアンダーカットされたのはちょっといらいらしたけど、そこでセーフティカーが入ったんだ。今から思えば、ピットに入らなかった僕らの選択はベストじゃなかったかもしれない。でも、それ以外は他にどうしようもなかったと思うし、自分としては最大限やったと思う。僕が望んでいたようなホームレースにはならなかったけど、週末を楽しんだ。来年また戻ってくるのを楽しみにしている」

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)

「現場のチームとファクトリーにいるみんなに、今回も祝福と感謝を伝えたい。今週末もまた、われわれが4番目に強いチームとなり、中団グループの主要ライバルに対して1点のリードを広げられた。全体的に今日はとてもトリッキーなレースだった。カルロスの方は最高のスタートを決めた後、アルファ(アルファロメオ・レーシング)の2台をオーバーテイクし、セーフティカー導入のタイミングに恩恵を受けたのも確かだ。カルロスにとっては他のマシンからコース上のポジションを奪うのにぴったりのタイミングで導入された。同時に、最適な1ストップのタイヤ戦略でレースすることが可能になった。レース終盤にかけてリカルドが非常に手強く、カルロスは激しいバトルにもかかわらずフィニッシュラインを超えるまで彼を押さえ込む見事な仕事を果たしている。ランドも今回も素晴らしいレーススタートを決めてオープニングラップでリカルドをオーバーテイクした。その後、最初のピットストップで1周早く入ったリカルドにランドをアンダーカットされてしまったが、セーフティカーが入ったので、2台の戦略を分けることに決め、ランドに関してはコース上でのポジションを狙うことにした。レースが終盤に入る頃、タイヤに苦戦するかもしれないと考えていた他のマシンを追い抜けるように、2ストップ戦略で新しいハードタイヤを履かせたものの、残念ながら、ランドの素晴らしいドライビングにもかかわらず、主要なライバルたちのタイヤが予想よりも長く持ったため、ポイントに届かなかった。もともとは次のレースに予定していたマシンのアップデートを間に合わせるべく、先週にかなりのプッシュをがんばってくれたファクトリーのみんなに特別な感謝を伝えたい。最後に、今週末、シルバーストーンに来てくれたマクラーレンの従業員やファンの皆さんに心からお礼申し上げる」

© ESPN Sports Media Ltd.